Skip to content

茅葺屋根のメンテナンス

108f399031641afae2897b1d5178ce96_s

茅葺き屋根は古民家としての雰囲気を高め、憧れの屋根ですが、美しい屋根を保つ為には苦労が伴います。

 

茅葺き屋根を維持していく方法としては、

全面的に葺き替える「丸葺き」、

屋根をいくつかに分割して葺き替える「分割葺き」、

痛みのひどい部分に少しずつ差して補修する「差茅(さしがや)」の

3つの方法があります。

九州や四国地方など温暖な地域は「丸葺き」が多く、東北地方や北信越などの日本海側は「差茅」で維持管理することが多く、その他の地域は「分割葺き」が一般的かと思います。

茅葺のメンテナンスのサイクルとしては築20年目に差茅、30年目に丸葺きをおこなうのが一般的です。

 

茅葺き屋根の葺き替えと聞くと、全部新しい茅で葺き直すと思うかもしれませんが、実際は全使用量の1/4から1/3は古茅が再利用されます。また落とした茅は堆肥として利用されます。

 

日常的なメンテナンスとしては、表面の雑草や苔を取り除くこと「苔落し」と「差茅」があります。

「苔落し」は苔の生えている茅面を1寸ぐらいの厚みで削り取り、汚れを落とすと共に腐朽を押さえる効果があります。

「差茅」は腐朽した茅を抜き取り、腐朽が軽い茅は引き出して腐朽部分を刈り取ります。間隙部や緩み部に切り茅を差し込み、ガンギで叩いて屋根勾配に合わせていきます。茅抜き取り時に、押し鉾竹まで抜け出す場合には、鉾竹の交換、追加、縄の絞め直しも必要となります。

茅葺屋根は日本の古民家の原風景…

メンテナンスもそうですが、材料の茅の入手も困難になってきています。茅は耐久性は瓦より落ちますが、最後は土に還る自然素材で地球環境に優しい素材…

 

なんとか残していきたいですね。

 

Author Profile

川上 幸生
川上 幸生
川上 幸生(かわかみ ゆきお)
1967年1月15日 大阪出身

二級建築士
愛媛県木造住宅耐震技術者
インテリアコーディネーター
照明コンサルタント
住宅断熱施工技術者
下水道責任技術者
古材鑑定士
古民家鑑定士
伝統資財施工士
住宅建築コーディネーター

大阪でお菓子会社にて商品開発やパッケージデザイン、
デパートのショーウィンドウや店舗の設計施工を経て
現在は愛媛に移住して今までの経験を活かし人に優し
い本物の家づくりを目指し「お客様に感動をあたえる
家づくり」を心情に住宅の設計やデザインをメインに
活動中。

主な活動
厚生労働認可財団法人職業技能振興会認定資格 
古民家鑑定士伝統資財施工技術士 教本執筆並びに講師

一般社団法人住まい教育推進協会 会長
株式会社アステティックスジャパン 事業統括本部長
愛媛インテリアコーディネーター協会 会長
四国中古住宅流通活性化協議会 理事
全国古民家再生協会連絡会議 事務局長
ケイズデザイン二級建築士事務所 代表