Skip to content

木にも竹にも伐採時期があります

ac-1440d8ca7e42d1078cfc41636630dce7_s

「木七竹八塀十郎」(きしちたけはちへいじゅうろう)

人の名前ではありません。でも、耳にした事のある言葉だと思います。

昔からの言い伝えの言葉で、木は7月に、竹は8月に伐採するのが良く、

土塀は10月に土を塗 ると長持ちがして良いという意味で、

職人たちの知恵から生まれた言葉です。

20150708-01

いずれも旧暦ですので、7月は現在の暦に直すと8月中旬ごろになりますが、

実 際、木には「伐り旬」といわれる適切な伐採時期があり、

地域や樹種によって多少異なりますが、秋から冬が良いといわれています。

竹は特に、伐採時期を無視して伐採すると後から虫が付きボロボロになり

使い物になりませんので、土壁の竹小舞下地としては絶対使えないのです。

そのために、伐採時期を守り年間を通して確保して組み上げています。

20150708-02

一般社団法人長崎県古民家再生協会県北支部

支部長ブログ 福田 敏幸のブログより抜粋