Skip to content

個人が所有する一番大きなものが住宅です。

「使い捨て時代」が終わりました。
「使い捨て時代」には、ゴミ問題がこれほど深刻化するとは誰も予想しませんでした。
リサイクル運動の広がりなどを背景に、
私たちが子供のころ親や先生たちに聞かされた
「ものを大事にしなさい」という言葉がまた聞かれるようになってきました。
そして「もの」のうち、個人が所有する一番大きなものが住宅です。

A (20) のコピー

バブル時代には個人の住宅を壊してビルの建設用地を確保する「地上げ」が盛んに行われ、
木造住宅は平均27年で壊されていました。
更地が最高の財産価値を持っていたからです。
ところがそういう時代はもう終わり、住宅を使い込んでいく時代になったのです。

では、木造住宅を長持ちさせるとどのような利点があるのでしょうか
一つはもちろん個人の経済的な利点です。
1,000万円で建てた家に10年間住めば、1年当たり100万円のコストがかかりますが、
20年間住めれば年間50万円のコストで済みます。

 

一方では、地球レベルの利点があります。
木造住宅を長持ちさせることが地球環境を守ることにつながるのです
。地球温暖化の問題では、二酸化炭素(CO2)の発生をいかに削減するかが議論されています。
木は二酸化炭素を取り込み、炭素(C)を蓄えて、残った酸素(O2)を放出するはたらきをしています。

水中の藻や草花も同様のはたらきをしていますが、木が最も活発です。
こうしたはたらきをしている木を切って、
材料に使う木造住宅はけしからんという議論も必ず出てくるのですが、それは違います。

植物も生き物ですから、動物と同じように酸素を吸って二酸化炭素を出す呼吸作用をしています。
そして、木は成長してある程度の大きさになると、
二酸化炭素を吸って酸素を出すはたらきがあまり活発でなくなります
呼吸と相殺でプラスマイナスゼロになるほどしか、二酸化炭素を吸わなくなるのです。
そこで、大きくなった木を切って、そこに苗木を植えれば、
苗木は大きくなるまでに大量の二酸化炭素を吸ってくれます。

地球温暖化防止の観点からは、燃やしてエネルギーにするのも手なのですが、
せっかく吸ってきた二酸化炭素をもう1回吐き出すことになります。
木造住宅を建てて、1年でも長く寿命をのばせれば、
それだけ長く二酸化炭素を家の中にエネルギーとして固定できるのです。
木造住宅に450年住み続けるだけで地球の環境を守っていることになリ、
しかも家を建てる時に使った分だけの苗木を植林しておけば、
40~50年間で植林した木が全部育ちます。

そのときになって家を廃棄し二酸化炭素を放出しても、
植林した木が二酸化炭素を吸ってきた分だけ地球レベルで得になっているということです。

もちろん「木材は切って100年後一番強くなる」のですから
「古材として再利用すること」が一番いいです。

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
2001年 持続可能な循環型建築社会の創造を目指し古材FC事業を立ち上げ全国展開を開始する。
古材の利活用から古民家を地域の宝と捉え古民家の利活用をおこなうための事業として古民家ネットワークを創設。
「古民家鑑定士」「伝統再築士」を始めとする資格を創設し全国各地で古民家を取り扱う人材育成に力を入れ、古民家鑑定士は全国に1万人を超す。

現在は、古民家の安心と安全を担保するために基準を創り、ソフト面とハード面を兼ね備え全国各地で講演活動を実施している。

また本年、「内閣官房歴史的資源を活用した観光のまちづくり専門家会議専門員」として全国各地の地方自治体のコンサルティング活動も行う。

古民家ツーリズム推進協議会事務局長として、全国で古民家ツーリズムの推進もおこなっている。