Skip to content

1300年以上の歴史を持つ法隆寺

日本書紀には「スギとクスノキは舟に、ヒノキは宮殿に、マキは棺に使いなさい。」と書かれています。

K1-07l

ヒノキは古い時代から宮殿建設用として最適で最高の材となることが知られていました。

今でも、ヒノキは神社や仏閣を建てるための木材として使われています。

日本の木材のなかでも優れた耐久性があるヒノキで建てられた法隆寺や薬師寺の塔は、
1300年経った今も立派に維持されています。

鉄やコンクリートには、これほどの耐久性はなく、せいぜい100年程度と言われています。

全国各地の社寺の修理・改築等を行っている宮大工さんは
「1300年経ってもヒノキを削ればよい香りがするし、(このままさらに)使うこともできる。」
と言います。

木は伐られたときに第一の生命を絶つことになりますが、建物に使われた時から、
第二の新しい生命が宿り、何百年もの長い歳月を生き続ける力を持っているのです。

なぜ、ヒノキはそんなに強い材なのでしょうか。
次のグラフはヒノキの強さが伐採後どのように変わっていくかを表したものです。

img_chama01 (1)

ヒノキは伐採してから200年間は強くなり、その後1000年かけて徐々に弱くなるります。
つまり、今伐採した木と法隆寺で使われている木とは強さが同等なのです。

ヒノキは木材として耐久性や保存性が世界最高レベルと言われています。

ヒノキ材は仕上がると、美しい光沢とともに、やさしい雰囲気を持っています。

また、特有の芳香があり、ヒノキ風呂、ヒノキ酒器など、ヒノキの香りは多くの人々に好まれています。
香りの成分はアルファピネン、ボルネオールという物質です。

この他にもヒノキには気分を落ち着かせる効果があったり、抗菌効果などをもつ有用な物質が多く含まれていることから、
まな板や弁当箱の材料としても使われています。

こうした歴史が教えてくれることって沢山ありますね。

今の木材の多くは、強制乾燥材といって木に負荷をかけ強制的に水分を飛ばす方法を用いられた木材が一般住宅に使用されています。

私たちは、先人たちが教えてくれたことを今の住宅に活かそうと考え、自然乾燥材の普及に務めています。

そして、機械が加工するプレカットから職人が加工する手刻みの復活へ。

それは、誰が喜ぶのか・・・。

消費者だと思います。

豊かな森林資源を有する日本である故、国内の木材を活用し木を長く生かし、
木の特性を見極め、職人による手刻みを改めてスタンダードにすることで、消費者に対して価値の高い住宅を提供が可能となります。

そういった住宅を我々は「新民家」に取り入れています。

未来の古民家を創ろう・・・「新民家」を全国で推進をおこなっています。

そして、地場の工務店が末永く、その地で家づくりを継続して頂く為にも。

この読んで頂いている読者の皆様の中で、
・工務店や大工さんの様な、建築に携わる方で新民家にご興味がある方
・これから家づくりを考えている方で新民家にご興味がある方

お気軽にお問い合わせ下さい。

Author Profile

河野公宏
河野公宏
KOMINKAを世界共通語に!

【古民家ネットワーク本部】
株式会社アステティックスジャパン 代表取締役社長
(旧:株式会社ヴィンテージアイモク)
【全国古民家再生協会連絡会議】
事務局:一般社団法人住まい教育推進協会 事務局次長