Skip to content

そこまできた!電力自由化

最近、地元のテレビCMでも「電力自由化」のPRが流れています。

一般家庭の電力自由化はいつからでしょう・・・。

一般家庭や小規模店鋪による電力自由化は2016年4月からを予定されています。

今までは電力会社は決められていましたが、サービスや値段を比較して好きな電力会社を選ぶことができます。

例えば、東京であれば東京電力以外の選択肢がありませんでしたが、

中部電力や関西電力や新規参入の電力会社など自分の好きな会社を選択することができるのです。

kouri-2

この自由化にともないメリットは???

まずは、電気料金が安くなる。

今まで無かった競争が始まることで料金そのものが安くなるコトと利用者の8割の方が、
電気料金が安くなれば変えたいと思っている背景からも安くなることが予想されます。

あと、今注目されているのは電気料金とのセット割が誕生すると考えられます。

既に世の中にあるサービスでもセットだから割安っていうものが多数溢れかえっています。

異業種とのセット割が盛んに繰り広げられてくることで、トータル面で料金が安くなると考えた方がいいかもしれません。

メリットがあれば、デメリットも当然あります。

安定供給の不安。今まで各会社が安定して電力供給し続けることが義務付けられていたものが
撤廃されることで需要に応じて供給ができます。自由化にともない前年度の指標があてにならなくなるということです。

大手電力会社は様々なサービスを展開し予定以上に利用者を獲得に走ります。

そのことで、供給量がオーバーし夏場などの電力供給に不安を感じます。

また、メリットであげたセット割などのサービスが展開されることにより、電力プランが複雑になるという点。

その結果、結局従来の大手電力会社を選ぶ方が多いような気もします。

年配の方は、特にそうでないでしょうか???

もちろん、今後どんどん変わっていく業界です。

28zu01_s

電力市場は7.5兆円ともいわれる大規模市場。異業種にとって新規ビジネスチャンスでもありえる市場。

電力自由化で解るように、永遠に安泰はないですね。

しっかりとサービスを見極める事が出来れば、私たちも恩恵を受けることが出来るということですね。

今後の動向に注目です。

Author Profile

河野公宏
河野公宏
KOMINKAを世界共通語に!

【古民家ネットワーク本部】
株式会社アステティックスジャパン 代表取締役社長
(旧:株式会社ヴィンテージアイモク)
【全国古民家再生協会連絡会議】
事務局:一般社団法人住まい教育推進協会 事務局次長