Skip to content

空き家数は?

今、日本の問題点のひとつとして「空き家問題」があります。

調査によると総世帯数は2020年の5,305万世帯をピークに、
2025年には5,244万世帯に減り、その後も減少が見込まれます。

空き家率の上昇を抑えるためには、世帯数の減少に応じて、
総住宅数も減らしていく必要があります。

国土交通省の平成26年度「住宅着工統計」によると、

2014年度の新築住宅着工戸数は88万戸で、5年ぶりに減少に転じました。

ある予測1では、2030年度までに新築住宅着工戸数が53万戸に減少すると見込んでいます。

しかしながら、新築住宅着工戸数が減少しても、それを上回るスピードで世帯数の減少が見込まれます。

このため、既存住宅の除却や、住宅用途以外への有効活用が進まなければ、

2033年の総住宅数は約7,100万戸へと増大し、空き家数は約2,150万戸、空き家率は30.2%に

いずれも上昇すると予測されています。

まず、人口減少に伴い、新築住宅着工戸数は減少の一途を辿る一方。

業界の方は、必然的に仕事が減りますね・・・。

さて、大切なの新築住宅よりも拡がる空き家をどう活用するか。

国交省は、1年間使用のない建物を「空き家」と認めるとあります。

空き家は、
・住んだり、商い等で活用する事例
・解体する事例

があると思います。

もちろん、第三者の手に渡り住まれたり、その空き家を利用し商いをおこなうことはベストでもあります。

しかし、皆さんがそうできるわけもなく解体し建替をおこなう方も少なくありません。

その際に、消費者の方には再活用できる資財は再活用する。
静岡県 (7)
この想いを持って頂きたいなぁと心から思います。

もちろん、捨てることなく再活用すれば環境に優しいことは誰でも解ります。

私たちは、今年「新民家」という新たな取組みを全国で始めました。

新民家は簡単に言えば、再利用可能な自然素材(古材)などを活用し持続可能な循環型建築を

建てようというコンセプトです。

古民家を解体し建て替える際、その家の古材を少し使いませんか?

将来、古材と成りえる日本の素晴らしい木材を使いませんか?

http://shinminka.org/

我々は、今まで古民家から住まい方や様々な知恵を学ばせて頂きました。

良い部分を活かし、将来50年後に古民家となりえる新民家を知ってほしい。

そう願います。古民家のお持ちの方・・・

安易に解体するのではなく、上手く活用しませんか?

それは、未来の子どもたちの為になる活動でもあります・・・。

 

Author Profile

河野公宏
河野公宏
KOMINKAを世界共通語に!

【古民家ネットワーク本部】
株式会社アステティックスジャパン 代表取締役社長
(旧:株式会社ヴィンテージアイモク)
【全国古民家再生協会連絡会議】
事務局:一般社団法人住まい教育推進協会 事務局次長