Skip to content

省エネを考える

2013年に改正された「省エネ基準」。

建物全体の省エネルギー性能や 断熱性能の基準値が改められ、

2013年10月に施行、

そして2020年には義務化が目指されています

「断熱と省エネは分けて考えるべき」です。

text_syouene-1

日本は伝統的に「夏を旨とする」を基本としてきました。

日本はそもそも

暖房をしないエネルギーを使わずに我慢する国です。

海外の「家中を暖房する」とは大違いで

省エネという観点からみたら立派な省エネをしてきました。

海外などでは断熱すれば省エネにつながるのが常識です。

それは住まいの全館暖房が徹底されているからです。

トイレに行こうが、

バスルームに行こうがガンガン暖房で暖めています。

トイレの便座暖房などは「日本だけ」です。

そのため、建物自体の断熱性能を上げれば、

当然暖房にかけるエネルギーを

大きく削減できるので 省エネ効果も高くなります。

日本は、家の中の温度に関して寒くても

全館暖房などはせずに我慢してしまいます。

トイレやバスルームなどの非暖房室で

最低温度10℃以下も当たり前です。

そのため、 ヒートショックのような

命に関わる問題も多発しているのです。

夏場に熱中症になるケースには、

『なぜエアコンをつけないのか?』

となりますが

ヒートショックになるケースに、

『暖房すればいいのに……』にはならない。

「改正省エネ基準」では

断熱と省エネは分けて考えられています

「省エネ」はあくまでもエネルギーのやりくりの話で、

「断熱の話」は

あくまでも健康を守るため。意味合いが違います。

断熱の目的までも省エネとして捉えられてしまうと

家づくりの際にも混乱が生じてしまいます。

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
材木屋2代目として、今年材木屋の資格「木のソムリエ」という資格を創設しました。
材木屋に資格はいらいない!そう言われるのは、業界だけでユーザーからすると材木の専門家としてアドバイスしてもらえる方をどんどん排出していかなければ、このまま日本の林業も衰退する一方です。また日本の住宅に使用される材木も粗悪なものになりかねません。
一般ユーザーへ本当のコトを伝えてまいります。
建築業の方から嫌がられるかもしれませんが・・・。