Skip to content

市場は創るもの

国土交通省の来年度予算をみてみると
「中古住宅市場の活性化=インスペクション」が大きくなっています。

日本の中古住宅流通市場は欧米に比べて未成熟で
住宅流通に占める中古の割合は13.5%、
またリフォーム市場も未成熟で
住宅投資に占めるリフォームの割合は27.2%。

中古住宅は未成熟と言われる所以です。

では、新築市場は成熟しているのか?
流通量が少ない=未成熟は正しいのか?

建築後20年で木造建物の価値がほぼゼロになります。
中古の未成熟だけを問題視して
新築の問題に目をつぶるのは山を見て森を見ないのと同じです。

私は、中古住宅流通が進まないのは
住宅が資産としてでなく消費財として考えられ
「本当に長持ちする新築住宅が建てられないから
 中古住宅市場が活性化しない。』のだと思います。
その流れを作ったのは間違いなく
高度成長期の大量供給・大量消費の考え方です。
土地神話が「新築偏重」を加速させました。

そして「新築のほうが気持ちいい」の考え方を押し付けたのです。

「中古住宅」という名前が良くないのではないか?
「古民家」という言葉は「古家(ふるいえ)」とは違いいいイメージです。

koma-300x212

鶴田浩二さんの
「古い奴ほど新しいモノを欲しがるもんでございます」
の「もの」は、決して建物など具体的な「物」を指しているのではなく
考え方、道理(コト)を指しています。

古民家に住むコトは「今の時代に新らしい」となりつつあります。
私たちは「時代を創って」います。「市場創造」をしています。

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
材木屋2代目として、今年材木屋の資格「木のソムリエ」という資格を創設しました。
材木屋に資格はいらいない!そう言われるのは、業界だけでユーザーからすると材木の専門家としてアドバイスしてもらえる方をどんどん排出していかなければ、このまま日本の林業も衰退する一方です。また日本の住宅に使用される材木も粗悪なものになりかねません。
一般ユーザーへ本当のコトを伝えてまいります。
建築業の方から嫌がられるかもしれませんが・・・。