Skip to content

~施工事例からみる住宅の事故クレームを考える~

平成29年3月2日名古屋 住教育セミナー講演録
講師 住宅保証機構 芝 謙一氏
会場      名古屋国際センター
参加人数 19名

私は仕事柄、年間1500件以上の築20年以内住宅事故クレームを見ています。
住宅事故クレームは思ったより多いのです。
だからこそ「消費者は勉強してから家づくりをする」ことが大事だと考えています。
それらの住宅事故クレームから検証してお話ししたいと思います。

事故クレームの第1位は圧倒的に「雨漏り」です。
雨漏りは「屋根・壁の施工ミス」で
軒の出が少ない住宅は事故クレームの危険可能性が高くなります。
軒の出が大きい家「雨漏りのリスクが少なくなる」と考えて正しいと思います。

また、サッシ周りの「雨漏り」事故クレームは手抜き工事から起こります。
基本的な施工手順を守れば事故クレームは起こり難いです。

すなわち「業者さんの現場管理能力」を見る必要があります。
例えば、防水シートと防水テープには相性があり
施工不良が起こる可能性があるのです。
これは消費者にはわかり難いことです。
住宅は高気密・高断熱化で雨漏りが気づき難い時代です。

住宅は、業者さんに任せっぱなしではいけません。
自分の家は自分で守ることが大事です。
ですから住まい手自身が学ぶ「住教育」を大切にして欲しいのです。

最近では「太陽光パネル」の事故クレームが多くなりました。
引渡し後以降の太陽光パネルの設置は事故クレーム率高いのですが、
それは瑕疵保険範囲外となります。

また、結露は事故クレームではないので、瑕疵保険対象になりません。
高気密高断熱仕様で結露は多くなりましたが、それは、住まい方の問題です。

例えばストーブの上にヤカンは結露の原因になります。
こんな簡単なことは自分自身で学んで頂きたいと思います。
デザイン重視で大事なことを忘れてはいけません。
掃除などしないと家は劣化が激しくなるります。
事故クレームを起こさない施工と安心の瑕疵保険をしっかり確認することで
「長持ちする家づくり」をすることができます。

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
材木屋2代目として、今年材木屋の資格「木のソムリエ」という資格を創設しました。
材木屋に資格はいらいない!そう言われるのは、業界だけでユーザーからすると材木の専門家としてアドバイスしてもらえる方をどんどん排出していかなければ、このまま日本の林業も衰退する一方です。また日本の住宅に使用される材木も粗悪なものになりかねません。
一般ユーザーへ本当のコトを伝えてまいります。
建築業の方から嫌がられるかもしれませんが・・・。