Skip to content

〜 集まれ未来の大工・大工アカデミー 〜

平成29年3月25日 富山会場
講師 木の住まい支援協会 笹川 征一氏
会 場  射水建築組合会館
参加人数 12組

将来大工になりたい子どもが集まる事業「大工アカデミー」
今回で5回目となりました。
私は大工職人が激減していることを危惧しています。

何故「大工さんになりたい若手が少ないのか?」

それは「私たち業界の受け入れ態勢」に問題があると思います。
職人さんは『3K』=きつい・きたない・危険といわれてきました。
それを『新3K』=かっこいい・稼げる・家族に誇れるにかえていかなきゃなりません。

私は専門学校を卒業後、20歳で大工の修行に入りました。
5年2ヶ月修行して今の大工技術を習得しました。
修行は厳しかったですが楽しかったです。
何より「夢」がありました。
私の家は父が大工をしていましたから「その背中」を見て育ちました
子どもの頃は「大工は嫌だなぁ〜」と思っていましたが周りから
「おまえのお父さんの仕事かっこええなぁ」とよく言われたんです。
人の住む一生の家を作る仕事、100年住める家を作りたいと思いました。
それは大きな責任ある仕事です。

「寿命30年の家」は私は作りたくありません。
「100年は住むことのでしる長持ちする家」を造り感謝されたいですから
「住まい手にも共に家について勉強してほしい」と「大工アカデミー」を開催して、
「木の住まい教室」を開催しています。
親と子で木に触れて、木を活かす技術を学んで頂くことで
「家づくりの学びの入り口に入って頂く」
家は「親から子にそして孫に引き継ぐ」ことです。

快適な家はもちろん大事です。
そして資産として住宅の視点も大事ですが
「家族の幸せを感じる空間」が一番大事なことだと私は考えています。

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
材木屋2代目として、今年材木屋の資格「木のソムリエ」という資格を創設しました。
材木屋に資格はいらいない!そう言われるのは、業界だけでユーザーからすると材木の専門家としてアドバイスしてもらえる方をどんどん排出していかなければ、このまま日本の林業も衰退する一方です。また日本の住宅に使用される材木も粗悪なものになりかねません。
一般ユーザーへ本当のコトを伝えてまいります。
建築業の方から嫌がられるかもしれませんが・・・。