Skip to content

エネルギー問題

原発のゴミの処理 原発はよく
「トイレの無いマンション」などと言われます。
使用済み核燃料の処置ができないということです。

「燃えないウラン」がプルトニウムに代わります。
これを地下1000メートル位の深いところに埋めて捨てています。

茨城県の東海村と青森県の六ケ所村にガラス固体化処理場がありますが
まだどちらもうまくいっていません。
放射能が半減するのに、プルトニウム239は2万4000年掛かります
ウラン濃縮を日本は原子力と呼び、 他の国は核開発と呼ぶんだそうです。

エネルギー問題 「未来の子ども達視点でどうするべきか?」
一度考えて見る時期かもしれません。

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
材木屋2代目として、今年材木屋の資格「木のソムリエ」という資格を創設しました。
材木屋に資格はいらいない!そう言われるのは、業界だけでユーザーからすると材木の専門家としてアドバイスしてもらえる方をどんどん排出していかなければ、このまま日本の林業も衰退する一方です。また日本の住宅に使用される材木も粗悪なものになりかねません。
一般ユーザーへ本当のコトを伝えてまいります。
建築業の方から嫌がられるかもしれませんが・・・。