Skip to content

日本の木を多くの方に知って欲しい

「長年不振だった林業に新たな動き。林業は成長産業になる!」
最近よく言われる言葉です。
今まで多くの番組・記事で
「安い外材におされて日本の林業は長く低迷してきた」
すなわち日本林業の不振は
「国産材より安い外材が大量に入ってきたため」
と言ってきました
これは間違いです。
「安い外材」に林業不振の理由を押しつけているだけです。
確かに
為替が変動相場制となり円高が進行し外材の方が安くなる時期はありました。
しかし国産材が売れなくなると、国産材価格も下がります。
おおむね国産材は外材より安く推移しています。
外材が売れたのは
長尺・大径木が多く使い勝手がよかったからです。
住宅建築の現場では外材より高くなった国産材商品が多いです。
何故安い国産材を加工すると外材商品より高くなるのか?
安いプレカットが原因です。
プレカットでは長尺物の桁が好まれるのです。
その証拠に「柱は国産材」の住宅建築が多いはずです。
継手をしなくてすむ・・・そのために長持ちしない外材を選びます。
よって「プレカットの住宅は長持ちしない」のです。
そもそも「金物で接合する」と接合部は結露するので腐朽菌が繁殖しますが
木組みは結露しないので「木の耐久性のある限り」持ちます
(水・虫がこないようにできれば800年くらいでしょうか?)
「手刻み=ハンドプレット」を推進する!
「若手大工育成」を推進する!
これは日本の林業の復活に不可欠なことです。
CLTこそが日本の林業の復活とされていますがそれは大きな間違いです。
国産材を大量に消費すれば解決するのではありません。
将来手間を掛けなくなった山は荒れ、山村経済を衰退させます。
(また詳しく書きます)
日本林業の最大の悩みは
住宅建築に国産材(桁)が使えない仕組みから消費が少なく価格が安すぎることです。
未来の子ども達の為に「平成の大工棟梁事業」3年目が始まります。

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
材木屋2代目として、今年材木屋の資格「木のソムリエ」という資格を創設しました。
材木屋に資格はいらいない!そう言われるのは、業界だけでユーザーからすると材木の専門家としてアドバイスしてもらえる方をどんどん排出していかなければ、このまま日本の林業も衰退する一方です。また日本の住宅に使用される材木も粗悪なものになりかねません。
一般ユーザーへ本当のコトを伝えてまいります。
建築業の方から嫌がられるかもしれませんが・・・。