Skip to content

木材のリサイクル

現在、
大量に消費されている鉄鉱石などの鉱物資源や、
石油・石炭などの化石資源、プラスチックなどの化学製品は、
将来的には資源が枯渇する背景にあります。

しかし、木材は森林伐採後に植林をするなど、
再生産することが可能です。
つまり、持続可能な資源(=未来に残せる資源)として
木材を使用することは、地球環境に優しい資源利用と言えます。

今の時代は「循環型社会(リサイクル型社会)」

と言われています。
携帯電話や車に使われたいた素材をもう一度使う、
紙や缶、ビン、ペットボトル等をリサイクルして使うなどが
循環型社会を象徴する身近な例です。

しかし、リサイクルしても、品質等の関係で、
その回数に限界があり、
いつかは廃棄され
再びこれらのモノを生産しなければなりません。
生産には、化石資源(化石燃料)を消費するため、
大気中の二酸化炭素(CO2)の増加を伴います。

また、化石燃料は埋蔵量が限られており、
いつかは使い果たしてしまいます。
この循環(リサイクル)は、
化石資源(化石燃料)が確実に無くっていく循環です。
結局は、
化石燃料等の「資源の消費をもたらすリサイクル」です。

一方、木質資源(木材)の場合は、
木を育て、伐採し、建築物等に木材として使い、
消費し、再び自然に戻る。
そして、自然の力を利用して、木を育て、伐採し・・・。
この循環では、木を伐採して、
消費しても、同時に苗木を植えて、育てれば、
木材(木質資源)として再び生産されます。
つまり「資源の生産を生むリサイクル」、
いわゆる「緑の循環」です。

「緑の循環」では、太陽エネルギーを使って、
木質資源を生産し、消費しているため、
(太陽がある限り)持続的に(永久的に)再生産が可能です。
この「緑の循環」は、化石資源などを延命させるとともに、
森林を維持する(生物資源を持続させる)ことにも繋がります。
長期的に見れば、大気中の二酸化炭素(CO2)を増加させることなく、
持続的に資源の生産が可能です。
このため木質資源は
「持続可能な資源(サスティナブルマテリアル)」と言われます。

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
2001年 持続可能な循環型建築社会の創造を目指し古材FC事業を立ち上げ全国展開を開始する。
古材の利活用から古民家を地域の宝と捉え古民家の利活用をおこなうための事業として古民家ネットワークを創設。
「古民家鑑定士」「伝統再築士」を始めとする資格を創設し全国各地で古民家を取り扱う人材育成に力を入れ、古民家鑑定士は全国に1万人を超す。

現在は、古民家の安心と安全を担保するために基準を創り、ソフト面とハード面を兼ね備え全国各地で講演活動を実施している。

また本年、「内閣官房歴史的資源を活用した観光のまちづくり専門家会議専門員」として全国各地の地方自治体のコンサルティング活動も行う。

古民家ツーリズム推進協議会事務局長として、全国で古民家ツーリズムの推進もおこなっている。