Skip to content

Posts by 川上 幸生

10月. 26, 2015

古民家は日本の高温多湿の夏を快適に過ごす工夫がされた住宅です。電気のない時代、いかに快適に暮らすか先人の知恵が詰まっているのです。そんな先人たちが残した知恵の塊である古民家は今再評価されています。 古民家の夏を快適に暮ら…

10月. 20, 2015

    「身土不二」   身土不二はシンドフニと読む仏教用語です。 その土地と風土と身体は切り離せないという意味で、大正時代に玄米菜食を基本とする石塚左玄が提唱した食養会が地元の旬の食品や伝…

8月. 31, 2015

  日本の住宅は長い歴史の中で構造も変遷してきたが(壱の八 古民家の歴史参照)軸組自体の構造の変遷をみると、伝統構法では当初は柱の上部に頭貫(あたまぬき)と呼ばれる横木を通す事で柱の倒壊を防いでいたが、その後長…

8月. 29, 2015

瓦礫という言葉をご存知ですか… がれきと読みます。 災害が起こり目の前は瓦礫の山となった…というような使い方がされますが、この言葉、よく見てもらうと、瓦という漢字と礫という漢字が使われています。 礫とは小石や土の塊という…

8月. 28, 2015

手斧とも書かれる大工が木材の荒削りをするための道具。石器時代から存在すると言われており歴史ある道具である。長い木製の絵の先に刃がついていて木材をまたぐように立ち、クワで土を耕すような感じで振り下ろしながら後ろに下がって削…

6月. 30, 2015

骨組みに木を使うものとしては木造軸組工法と木造枠組工法の二種類があります。   1,木造軸組工法=伝統構法や在来工法は柱や梁などの骨組みに木材を使用。 →建築後50年を経過すれば古民家となる。 大工の技量により…

4月. 28, 2015

  4月27日の日経新聞で民間の中古住宅(既存住宅)の取引においてホームインスペクション(住宅診断)が義務化する方向で法整備されると報道がありました。 ホームインスペクションの古民家版「古民家鑑定」を実施してお…

4月. 22, 2015

古民家の庭には植栽(しょくさい)が植えられるが、その目的は鑑賞用以外にどういう目的があるかご存じでしょうか。 植栽の目的は、 1,観賞用として松や桜などが植えられる。 2,防風林として高木、中木、低木が面となるように植え…

4月. 21, 2015

  全国で820万戸に及ぶ空き家解消を図るために5月施行される「空家対策特別措置法」(空き家法)を前に全国の自治体に国土交通省は指針案を提示しました。今後意見を徴収して最終的に決められるそうです。 近隣に危険や…

4月. 7, 2015

茅葺き屋根は古民家としての雰囲気を高め、憧れの屋根ですが、美しい屋根を保つ為には苦労が伴います。   茅葺き屋根を維持していく方法としては、 全面的に葺き替える「丸葺き」、 屋根をいくつかに分割して葺き替える「…