Skip to content

Posts by 川上 幸生

3月. 16, 2015

  ユーザーレポートは一般消費者が調査することを指すが、インスペクションとは専門家による調査の事。中古住宅(既存住宅)を流通させるためには専門家によるしっかりとした調査が必要で、そのためにあるのが建物検査(イン…

2月. 26, 2015

日本の住宅の55%は木造住宅であり、住宅のみならず家具や民具など幅広く多くの木材を使い生活してきました。 現在は石油を原料とする工業製品が住宅でも使用が増えてますが、依然多くの木質資源も消費しています。 木材の需要は平成…

2月. 20, 2015

床の間の脇にしつらえられる付け書院は元々は手紙を書くための文机が形式化されたものであるが、地袋の上に付けられる障子は「明り障子」と呼ばれる。広縁に入り込む形で作られていることを考えれば、少しでも明るくするために日の光を求…

2月. 16, 2015

茅葺き屋根は古民家としての雰囲気を高め、憧れの屋根ですが、美しい屋根を保つ為には少し苦労が伴います。   茅葺き屋根を維持していく方法としては、屋根を全面的に葺き替える「丸葺き」、屋根をいくつかに分割して葺き替える「分割…

2月. 12, 2015

佐賀市の歴史民族館を見学してきました。あいにくひな祭りの準備中とのことで内部は見学できず。旧家の並ぶ町並みを見学してきました。歴史民族館は長崎街道沿いにある洋風建築の旧古賀銀行、古賀銀行の頭取だった古賀善平氏の自宅旧古賀…

2月. 7, 2015

  石川県能登町の教育委員会が1月22日、同町にある縄文時代の「真脇まわき遺跡」から、先端が突起状の「ほぞ」に加工された日本最古の角材が見つかったと発表しました。   弥生時代より古い時代の遺跡から「…

2月. 4, 2015

早起きは三文の得 夜なべは十文の損   ことわざですがなぜ3文(お金)得するのかという謂れについてご存知ですか。諸説あって正しいかはわかりませんが、江戸時代、奈良では家の前で鹿が死んでいるとその罰金として三文の…

2月. 2, 2015

太陽が昇った時間が明け六つ、沈む時が暮れ六つ、江戸時代の日本人は日の出と日の入りに合わせて生活をしていました。 夜明けから日暮れまで、また日暮れから夜明けまではそれぞれ6等分されており、日中は明け六つから始まり、五つ、四…

1月. 18, 2015

古民家では畳の寸法を決めてから家を作る畳割りというものと、柱と柱の寸法を決めて、畳をその中に入れるようにサイズを調整する柱割りという2つのやり方があります。 現在の住宅は柱割りで作るのが普通です。 畳の寸法が全て同じで、…

1月. 15, 2015

食の世界では今、異物混入が様々なメーカーで発生しておりニュースでも騒がれています。 昨年12月にペヤングの昆虫混入を皮切りに、和光堂のベビーフード、そしてファーストフードの最大手マクドナルドに関しては、鶏肉偽装問題以降ポ…