文化・伝統

1/21ページ
  • 2019.10.23

ローカルのよさ

「リビング・エニウェア・コモンズ」 「LIFULL」が運営しています。 2023年度までに100拠点を目指し 遊休施設をオフィスとして再生させ 飲食設備(キッチン)や宿泊機能も持たせるなど そこで働きながら暮らます。 「人々が場所に縛られないライフスタイルを実現する」 コミュニティメンバーに加入した法人や個人が 定額で利用できる多拠点オフィスのサブスクリプションモデルで オフィスはもちろん、住まい […]

  • 2019.09.24

ハウスメーカーと大工・工務店

現在の住宅事情というのは、 ハウスメーカーが建てる家と工務店の建てる家と大きく二つに分けられます。 日本の住宅の大半は、木で建てられています。 これは、戦前までもそうでした。 それなのに、日本の家の寿命はわずか30年ということです。 戦前は100年という家が沢山ありました。 では、なぜ短命といわれるようになったのか。 それは、戦後の日本の高度経済成長期時にさかのぼります。 産業が発展すると同時に、 […]

  • 2019.08.29

車離れから考える

「車を持つのは男のステータス」 今の若い人は車は買うものではない・・と考えるようです。 新車の市場は 1990年代前半で700万台規模でしたが、今はは500万台です。 レンタカーを含む 「カーシェアリング」が当たり前になってきました。 日本はカーシェアリングで世界2位の規模で カージェアリングの会員は200万台とされています。 500万台+200万台=700万台、数字が合います。 若者のクルマ離れ […]

  • 2019.08.13

地主の役割

「負動産」が多いと思います。 それを「富動産」の変えていかなきゃなりません。 豊臣秀吉の太閤検地以降 農地は耕す耕作者が所有することになりましたが 個別に年貢を取り立てるのは大変なので 集落ごとに所有者の中から【地主】を選び 集落分の年貢をまとめて納めるようにしました。 数年に一度凶作となるとその分の補填をしなければならず その時、農地を担保に貸し借りがなされたため 借りがかさんだ耕作者は農地を地 […]

  • 2019.08.11

お盆休み?

お盆とは 迎え火やお墓参りをしてご先祖様を供養する行事のことです。 8月13日から16日がお盆とされています。 (一部地域では7月13日から16日) お盆の由来は お釈迦様の弟子が、地獄に落ちて苦しむ亡母を救うため お釈迦様の教えに従い高僧たちを供養したことが始まりで 旧暦7月15日にいろいろな飲食を盆に盛り 先祖を供養するようになったそうです。 ナスを牛、キュウリを馬に見立てたお供え物 精霊牛( […]

  • 2019.05.11

都会と田舎

便利なモノ(コト)がドンドン増えていきます。 例えば携帯電話ができて便利になりました。 携帯電話で移動しながら、 海の向こうの人と話ができるようになりました。 しかし24時間束縛されているという 新たなストレスを感じ始めるようになりました。 便利さゆえのストレスは小さくなりますが 生み出された不便のために新たなストレスが増えています。 その結果精神的ストレスは プラス・マイナス・ゼロとして帳消しに […]

  • 2019.04.26

ローカル線

平成の30年間で廃止されたローカル線はの総延長はおよそ1600km。 新幹線で東京駅から鹿児島中央駅までの距離(1325.9km)よりも長くなります。 よく聞くのは「第三セクター」でした その成否は何処にあったのでしょうか? 三陸鉄道(岩手県)は、国鉄から引き継ぐ形で1984(昭和59)年に開業。 想定では初年度、約9800万円の赤字になる見込みでしたが ふたを開けてみれば約2600万円の黒字でし […]

  • 2019.04.02

令和元年に向けて平成を考える

【令和】 新元号は645年の「大化」から数えて、248番目。 万葉集にある歌の序文 「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」 はじめて国書由来の元号となりました。 安倍総理は典拠を万葉集とした理由について 「我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書だ」と説明しました。 安部総理らしいと思います。 (ホントは天皇が決めるべきなんでしょうが憲法がそうですからし […]

  • 2019.03.04

ふるさと納税

寄付金が集まって地場産業も潤う「ふるさと納税」 返礼品を選定する裁量は自治体です。 企業は消費者(寄付者)ではなく自治体の担当者に選ばれ 「宣伝は市がやってくれるので、発注に応えて作ればいいだけ」 になっています。 「ふるさと納税」は 新手の「無責任な公共事業」と言われ始めました。   「寄付金は税控除」かつ「返礼品をもらえる」という 納税者がほぼ損をしない仕組みは、 正しい「価格」とい […]

  • 2019.02.20

空き家問題は「モノの問題」ではなく「コトの問題」なんです。

「空き家問題」はそもそも「空き家のモノ」の問題ではなく 「空き家のなるコト」の問題です。 「モノ」としてみていては「高齢化・人口減少」なのですから 増えていく一方なのは当然のことです。 空き家問題の 入り口が「空き家問題トータルコンサルタント」です。 23日初の「インストラクター兼の講習・試験」が実施されます。 人材育成に「地域おこし起業家育成プログラム」スタートします。   出口が「古 […]

1 21