インテリア

2/3ページ
  • 2012.12.16

タイルorキッチンパネル

こんにちは、Saigo建築士事務所の西郷です! 今日はキッチン前の壁のお話! みなさんはキッチン前の壁は何にされる予定ですか? メーカーのショールームに行くとアドバイザーが 「掃除が楽なキッチンパネルがお薦めです!」    たしかに目地も無く、さっと拭けるのでお掃除は楽です。 ホワイトのキッチンパネルやステンレスを選べばシャープな インテリアのイメージにもGOOD! 気にすることなく揚げ物も出来ま […]

みんなのおうちプロジェクト!その3

古民家の良さを又、ひとつ発見しました!この古民家を、再生している方は32歳! 若い世代の感性は、無限大かと思うほど・・・ 壁や天井などの色を明るくするだけでも雰囲気が変わります。 和の古民家を、洋の要素を加え全くの異空間へ・・・ 家が完成するのはもちろん嬉しいことですが、 それ以上にみんなで、同じ目標に向かってひとつの物をつくる過程が大切なんだと、ここに来るといつも感じます。 まだまだ途中ですが、 […]

自分の家を好きになってください!

こんばんは!Saigo建築士事務所の西郷です。 今回はリフォームのお話。 近頃はリノベーションとも呼ばれています。 リノベーションとは? 「修繕,修理,元気回復といった意味で、既存の建物が完成当時に持っていた価値を上回る新し い価値を創造し, 建物を再生,再構築」 私が改修、改装のお話をさせていただく時は「イノベーション」を使います。 では、イノベーションとは? 「新機軸」「新しい切り口」「新しい […]

木は宝物

古民家の濡れ縁(外の縁側)に使われていた板です。雨に叩かれ、何の樹種なのかも分らないほど真っ黒でした。普通なら不要ものとして捨てられるところでしょうが、おそらく古民家の木は良いものに違いないとカンナ掛けをしてみました。 中の方はしっかりしてます。樹種は木目からして銘木とされる「ケヤキ」のようです。今買えば凄い値がします。これは捨てるの勿体ないとの思いから何かできないかと思案。 こんなものができまし […]

ニッチ

こんにちはSaigo建築士事務所の西郷です。 今日は「ニッチ」のお話。 「ニッチ」とは? 国語辞典でひきますと 「西洋建築で、厚みのある壁をえぐって作ったくぼみ部分。 彫像や花瓶などを置く。壁龕(へきがん)。 」と記載されいています。 壁の厚みを利用した飾り棚ですネ、 私も構造で支障がない壁に作ります。 ニッチはほとんどお金をかけずに出来る飾棚です。 大工さんのすこーしの手間はかかりますが! お家 […]

寝室のイロイロ

冬も少しずつ訪れてきて、布団から朝出るのが辛い季節になってきました。 そこで、少しでも安眠を得る為に重要なこと! それは「色」と「光」です。 その中でもシーツや布団の色や素材が重要なんです。   シーツや布団で多いのはやはり白でしょうか。布団では花柄等もよく目にします。 パリッとのりのきいたシーツは清潔な白のイメージがあります。 しかし、シーツの白は緊張色なんです。 つまり、真っ白は緊張 […]

アイディア次第

新築だけが家造りでは有りません。勿体ないの精神は日本人なら誰の心にもあるような気がします。 日本の和風建築が少なくなった現在、古民家のいたるところに先人の拘りの手作り家具・建具・等が沢山あります。古民家ブームというのもありますが、使い方次第で面白い雰囲気の住まいに変身です。 たとえばこんなものを現代建築に利用してみました。世界に一つしかないマイホームに成りますよ。雰囲気も新しいものと違い、癒しや古 […]

光を楽しむ

こんばんは、Saigo建築士事務所の西郷です。 今回は光のお話。 「とにかく明るい家にしてください!」 「窓が沢山ある家に住みたい!」 「大きな窓が欲しい!」 みなさん、明るいお家が好きですよね! 暗いお家は「陰気臭い」「気分が滅入る」なんて事も言われます。 この写真はSaigo建築士事務所の自宅の玄関ドアです。 最近自宅をリフォームして アンティークのステンドグラスをはめてオリジナルで造作しま […]

明るいところと暗いところ

夜の月明かりは、なんとも言えない幻想的な光です。   キャンプやコテージにいくと、何故か月の明かりや暖炉、ランプの光が眩しいくらいに輝いて見えたことがあると思います。 暗い中に明るさが浮き立つ現象なのですが、何かやすらぎを感じます。   現代は、蛍光灯やネオンの光に照らされて暗がりがなくなっています。 街が明るいことは、防犯上良いことですが、住まいまで「昼間のように明るい」必要 […]

  • 2012.10.21

LED電球

こんばんはSaigo建築士事務所の西郷です! 今日はLED電球のお話。   最近は各メーカーとも1万円以下のLED照明器具が発売されています。 2、3年前には考えられなかった事です、 最初の頃はLED照明器具は電球が交換できず、電球が切れたら 器具ごと取替でした、その説明をメーカーから聞いたとき 「そんなやり方ならLEDは消えるな!」と思っていました、   最近は昔に比べて本当 […]