Skip to content

Posts under 建築知識 Category

5月. 15, 2017

東京駅は松杭が使用されていました。 東京駅の場合は、 1万本の松の杭(長さ8m)で 支えられているということがわかりました。 建物を支えるのに、 木の杭を使うことは、 今で言う鉄筋コンクリートの杭を使っているのと 全く同…

1月. 4, 2017

2013年に改正された「省エネ基準」。 建物全体の省エネルギー性能や 断熱性能の基準値が改められ、 2013年10月に施行、 そして2020年には義務化が目指されています 「断熱と省エネは分けて考えるべき」です。 日本は…

12月. 20, 2016

「住まい」を考える時・・・どんな建材・木材を選べばいいのか? 解らないこと多いです。 それを「大工・工務店さん」に使って頂いて・・・「3年後」 「あの商品は健康に悪かった」よくあるお話です。 有名な例として「アスベスト建…

11月. 8, 2016

木造軸組工法(在来工法)とは コンクリートの基礎の上に土台を置き、 そこに柱と梁を組み合わせて建物を建築する工法です。 最近では取り付け金物を併用し、より強度を増しています。 ただ、水平方向の力に弱く、壁には筋かい、土台…

11月. 6, 2016

昔から古民家には「土壁」でした。 高温多湿の日本では、 夏涼しく湿度管理をしてくれる「土壁」は最適でその利用は当たり前でした。 土壁は再利用出来る「エコな素材」です。 古民家再生ブームであまり注目されない大切なことを知っ…

10月. 30, 2016

近年環境問題への関心が高まる中、 「オール電化は環境にいい」という表現がしきりとなされ、 消費者に対してイメージが植え付けられています。 電力会社は夜間の発電設備を有効活用する為に、 夜間に安い料金体系を設定していること…

10月. 12, 2016

日本の屋根は傘と言われ、それに対して西欧の屋根は 帽子だそうです。 気候の違いによって 自然に屋根の形が形成されてきているようです。 日本は日差しが強く夏の暑さは激しいところです。 日本の中心は北緯35度前後。西欧文化の…

10月. 4, 2016

「家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。」 吉田兼好『徒然草』の一節です。しかし 「家づくりは冬を旨とすべし」と公言する東京大学准教授前真之氏。 前准教授は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

9月. 28, 2016

使い捨てのプラスチック製カップや皿を禁止する法律が フランス制定されました(2020年1月に施行) すべての使い捨て食器類について 家庭用コンポストで堆肥(たいひ)にできる 生物由来の素材を50%使うことを義務付け 20…

9月. 23, 2016

2080年から2100年ごろに気温が今より年平均約3度上昇 地球温暖化が進むと…. 今世紀末ごろの降雪量は減る一方 北海道や北陸の内陸部では大雪が増えるんだそうです。 温暖化した場合、日本海の海面温度が上昇し、水蒸気量が…