構造・構法

4/4ページ

“級”よりも大切なこと

「1級建築士でないと仕事が取りにくい」 今日、そんな理由で偽1級建築士が逮捕されたという事件がありました。 どんな理由があろうと、断じて許せない詐欺です。 でもこんな事件が起こる背景には、消費者側の認識不足もあると私は思っています。 建築士ではない私が、第3者の視点と経験でひとこと書きたいと思います。 木造住宅に限って言えば、1級でも2級でも全く違いはありません。 むしろ住宅専門なら、1級建築士さ […]

狭小地に家を建てる

現在打ち合わせ中のお客様、実家を建て替えの予定です。 土地が小さく両側にも家がくっ付きそうな感じで建っており、2世帯住宅にする為にはどうしても3階建てにしないと空間が確保出来ません…   1階は、お父さんお母さんの居室と、浴室、洗面、トイレ、玄関は大きめじゃないと行けないとの事で土間の部分は6帖は土間を確保しています。 2階にリビング、3階に寝室と子ども部屋といった配置です。 完成イメー […]

それは増築?

            “増築”という言葉の意味、皆さんはどう解釈されてますか? (“建て増し”という表現の方が分かりやすい人もいらっしゃるでしょうか) その工事が終わり、登記をする頃になって思わぬ悩みを抱えることがあります。 今日はその1例を。 新築や増築を計画する際、一定の条件に当てはまると建築確認申請が必要です。 適正に受理されると […]

自然乾燥材を選びます

木造住宅の柱に使う木材、多くはヒノキや杉という樹木が使われます。これらの樹木は植林によって日本全国に沢山植えられています。 針葉樹なので比較的真っすぐに育ち、柔らかいので加工がしやすいですし、ヒノキならいい匂いがして水にも強い材料です。 木材は山に植えられているものを手間をかけて育てて、大きくなったら伐採し、丸太を柱などの大きさにカットしてよく乾かしてから使用します。 木材に含まれる水分は含水率と […]

家を建てると言うこと

  ただ単に家を建てるとなると皆さんイメージすることは?まず、展示会場へ足を運ばれるのではないでしょうか。家は一生の大買い物といいますが、果たしてそうでしょうか。 大工の私としては、家は買うものでなくて造るものだと思います。イメージとして早くて、安くて、家は買うという感覚に麻痺してるのだと思います。元々人間は「木」と太古の時代から付き合ってきたのです。人間の「気」は自然素材の「木」と相性 […]

古民家…

日本の建築物や住宅は建築基準法という法律に基づき安全に建てられています。建築基準法は昭和25年にできてから幾度かの改正を経て、現在建てられる住宅は世界的に見ても精度が高く、また地震などに対してもそこに住む人々の生命、財産そして安全を守り、安心して生活できる空間を提供してくれています。 建築期間も昔に比べ短くて3ヶ月ぐらいで家は完成します。 安心で快適な生活を守ってくれる現在の住宅は魅力的です。 ま […]

1 4