Skip to content

Posts under 暮らしの知恵 Category

12月. 20, 2016

「住まい」を考える時・・・どんな建材・木材を選べばいいのか? 解らないこと多いです。 それを「大工・工務店さん」に使って頂いて・・・「3年後」 「あの商品は健康に悪かった」よくあるお話です。 有名な例として「アスベスト建…

11月. 26, 2016

東北の農家では 『自分たちで食べるお米は米倉でわざと1年寝かせる」といいます。 初物が好きな日本人に「新米」という言葉は 新鮮で獲れたてだから美味しいというイメージがついて回ります。 「新米」と聞くと、「美味しい」って思…

10月. 4, 2016

「家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。」 吉田兼好『徒然草』の一節です。しかし 「家づくりは冬を旨とすべし」と公言する東京大学准教授前真之氏。 前准教授は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…

11月. 13, 2015

今、日本の問題点のひとつとして「空き家問題」があります。 調査によると総世帯数は2020年の5,305万世帯をピークに、 2025年には5,244万世帯に減り、その後も減少が見込まれます。 空き家率の上昇を抑えるためには…

11月. 3, 2015

都心で暮らす・・・・ 子どもの教育費は大きな負担となります。 女性の晩婚化が進み 女性は30歳で結婚して共働き仕事に熱中し、子ども産んだのは40歳頃 教育費の山場を迎える大学入学時には60歳。 一般的には男性も年上が多い…

10月. 30, 2015

最近、地元のテレビCMでも「電力自由化」のPRが流れています。 一般家庭の電力自由化はいつからでしょう・・・。 一般家庭や小規模店鋪による電力自由化は2016年4月からを予定されています。 今までは電力会社は決められてい…

10月. 26, 2015

古民家は日本の高温多湿の夏を快適に過ごす工夫がされた住宅です。電気のない時代、いかに快適に暮らすか先人の知恵が詰まっているのです。そんな先人たちが残した知恵の塊である古民家は今再評価されています。 古民家の夏を快適に暮ら…

10月. 20, 2015

    「身土不二」   身土不二はシンドフニと読む仏教用語です。 その土地と風土と身体は切り離せないという意味で、大正時代に玄米菜食を基本とする石塚左玄が提唱した食養会が地元の旬の食品や伝…

9月. 25, 2015

一般家庭だと、新築を建てたりすると毎月の支払などで家計を圧迫するケースが多いですが、 今日はふるさと納税を賢く利用することで、地域と家計が潤うケースをご紹介します。 ふるさと納税という言葉はご存知だと思いますが、 実際に…

8月. 29, 2015

瓦礫という言葉をご存知ですか… がれきと読みます。 災害が起こり目の前は瓦礫の山となった…というような使い方がされますが、この言葉、よく見てもらうと、瓦という漢字と礫という漢字が使われています。 礫とは小石や土の塊という…