木材

2/30ページ
  • 2018.12.22

間伐の必要性

苗木を植えてから15~20年位経ち、木々が成長してくると、 林の中が混み合ってきます。 そのまま放置すると隣り合った木々の枝葉が重なりあい、 根も十分に張ることができなくなり、 木々が健全に育つことが難しくなります。 そこで木の間引き「間伐」を行います。 間伐により木々の密度を調整することで、 木々どうしの競争を緩和させることができます。 間伐は残された木を健全に育てるために、 林業では必要不可欠 […]

  • 2018.12.10

木の価格

日本の木材の価格。 みなさんは安く感じますか? それとも高く感じますか? 自分は安いと思います。 海外からの輸入木材と比較しても 決して高く有りません。 しかし 「日本の木材」は 全体の供給の3割程度。 7割は「輸入木材」です。 結果日本の山々はどうなったのか。 1、光合成をしなくなった切り時の木材を放置 2、CO2削減の面から環境にマイナスで 3、治水の面からも山が荒れることはマイナス になりま […]

  • 2018.12.06

無垢の定義

「無垢の木の定義」ってわかりますか? ショールームに行くと 「集成材※」まで「無垢です」と言う場合が有ります。 ・科学物質を使っていないこと (集成材や注入材は無垢でなくなります) ・吸放出性能が高いこと (強制乾燥材は無垢ではなくなります) ・若干の割れや反りがあることがある (メンテナンスで問題なし) 定義から言うと 「集成材や強制乾燥材で建築された家は無垢で建てたとは言えない」 ということに […]

  • 2018.12.01

林業を考える 2

この燃料革命と同時期の昭和30年代、 木材の需要を賄うべく、木材輸入の自由化が段階的にスタートし、 昭和39年に木材輸入は全面自由化となりました。 国産材の価格が高騰する一方で外材(外国産の木材)の輸入が本格的に始まったのです。 外材は国産材と比べて安く、かつ大量のロットで安定的に供給できるというメリットがあるため、 需要が高まり、輸入量が年々増大していきました。 しかも、昭和50年代には、変動相 […]

  • 2018.11.25

林業を考える 1

昭和20年~30年代には、 日本では戦後の復興等のため、木材需要が急増しました。 しかし、戦争中の乱伐による森林の荒廃や自然災害等の理由で 供給が十分に追いつかず、木材が不足し、高騰を続けていました。 このため、政府は造林を急速に行なうため「拡大造林政策」を行いました。 「拡大造林」とはおもに 「広葉樹からなる天然林を伐採した跡地や原野などを 針葉樹中心の人工林(育成林)に置き換えること」です。 […]

  • 2018.11.04

憧れの「古材」

「古材」 ゆっくり長い時間をかけてしっかりと乾燥された木材は、 間違いなく理想の木材です。 1 棟の古民家からどれくらいの「古材」が取れるのかとい うと、 実は 7 割は 10 本以下しか採取さ れていません。 まったく古材が取れない 古民家も5%ほどありますが、 実は20本以上取れる古民家の方が、 まったく取 れない古民家の数よりも少ないのが現状です。 古民家として残っていれば、豊富に「古材」が […]

  • 2018.09.15

木の乾燥

どのように乾燥させるのでしょうか。 単純に考えても、木材を乾燥させるためには、 温度を上げるためのエネルギーと相応の時間をかける必要があります。 また乾燥には、天然乾燥と人工乾燥をはじめとして、いくつかの方法があります。 天然乾燥では、乾燥させる前に木場などで水に浸け、 樹脂分を水に置きかえてから乾燥させます。 20%以下に乾燥させるためには少なくとも一年以上の時間がかかります。 人工乾燥であれば […]

  • 2018.08.20

木造住宅から学ぶ

建物が建っている間のトータルな維持管理費は の建物寿命に関係なく「建設費の5倍」と言われます。 その維持管理比率を下げ長持ちする住宅を作ることが大事です。 日本は国土の3分の2が森林で 戦後に植林された森林は50年以上が経過し伐適期を迎えています。 この「森林」は有用なバイオマスエネルギーとして活用しようとしています。 私はエネルギー利用もいいですが、製材にして高付加価値で使うことが、 森林や森林 […]

  • 2018.06.12

木は生きて呼吸する

木は生きて呼吸し、 温度や湿度の調整機能を持っています。 感触的に冬はやや暖かく夏はやや冷たくというのは、 外気にかかわらず一定の温度を保とうとしているからで、 人間の生理に心地よさをもたらします。 湿度についても同様で、 55〜60%の湿度を保つように吸排出して 室内環境を整えてくれます。 足などの膚と接しても、 体温を奪い取ることが少なく、 高い断熱性を持っています。 また、木は燃えるといいま […]

  • 2018.06.07

年輪

こんな質問を頂きました。 木の良し悪いは何で決まるのですか? 素人が見ても解る方法を教えて下さい。 一般的に「節の無い木がいい」とされますが それは考え方で、私は節より年輪が大切だと思います。 「節」は有った方がいいという人も居ますし、 最近はその方が「木材らしい」と人気があります。 「年輪が細かい方がいい」と考えて頂いていいと思います。 それも中心に近い、木の若い時の年輪が大事だと思います。 小 […]

1 2 30