Skip to content

6月. 8, 2012

シックハウスの原因は? 近年、住まいづくりに欠かせないコトバといえばシックハウス対策。 正しくはシックハウス症候群と呼ばれるものです。 新築した家やリフォームした部屋などに入ると 目やのどの痛み 呼吸困難 頭痛、めまい …

6月. 8, 2012

「解体するときに古材買って頂きたい」 多くの方からお問い合わせ頂きます。もちろん・・・OKです。 1、解体時に捨てるのはもったいない2、解体費用が安くなる しかし「解体費用が無料になる」はまずありません 「解体時に5%〜…

6月. 8, 2012

みなさんは、人生において、一番高い買い物というと『すまい』でしょうか? その『すまい』を買われる目的をお持ちですか? では、目的ってなんでしょう。 建物が古くなったから。家族が増えて狭くなってきた。地震に備えて、耐震しな…

6月. 7, 2012

最近の家は、機会による加工が主になっていますが、材の使い方などはどうなっているのでしょうか。家は、材と材とを継手、仕口を加工することでできていきます。その時に一つの決まりごとがあります。一般の方にはあまり知られるところで…

6月. 7, 2012

はじめまして。漆喰エヴァンジェリストの鳥越宣宏(とりごえのぶひろ)です。 本日より漆喰(しっくい)を中心とした伝統素材に関するテーマを中心に書かせていただきます。   住まいづくりにあたっては伝統素材、天然素材…

6月. 7, 2012

古材も新材も価格は変わりません。 同じと思って頂いていいと思います。 古材は「高級な木材」ですから 解体されるときに「上手に取って新しい家に使う」のがいいと思います。 その分費用が安くなりますし、高級感あります。 なによ…

6月. 6, 2012

家を建てるときに『材木屋に木材を見に行くべき」だと思います。 大工さんといっしょに「どんな木を使うのか」見た方がいいに決まってます・ そして『どのような木がいいのか?」材木屋さんの説明を聞いて下さい。  安心した家造りに…

6月. 5, 2012

「縁の下の力持ち」聞きなれた言葉ですが、人に知られず苦労、努力することのたとえでもありますが、古民家には、縁側があります。その下には束柱があります。人目に触れることが少なく、だからと言って無いと縁は成り立ちません。人の棲…

6月. 5, 2012

これです。 大工さんは木と木の接合をさせる為に大工道具で刻みます。木は生きていますから建てられてからも動きます。 動きながら「だんだんがっしりとした強い家にする」が大工さんの腕の見せ所。 最近プレカットと言って機械で加工…

6月. 4, 2012

製品化した材木には、節があります。木が生長する上で枝があるのは当然ですが、製材をしたときに出るのが節といいます。基本的に節というものは木材の強度を低くします。しかし、木が生長する上では節があるのは、しょうがないもかも知れ…