149/149ページ

149/149ページ

長持ちする家を建てたいのですが、木造住宅は長持ちしますか?

木は切られてから100年位経過した方が強度的に強くなると聞きました。 木造住宅を建てれば100年以上持つと思うのですが、周りをみるとそうでもなさそうです。 長持ちする家を建てたいのですが、木造住宅は長持ちしますか? 確かに、木は山で伐採されてから自然乾燥の過程で少しづつ強度を増していきます。 樹種によりその差はありますが日本の多くの地域で木造住宅に使われる木(檜・杉・松)はその通りです。 ですから […]

住育とは

「衣、食、住」という言葉があります。人間が文化的な活動を営むには、生活をして行く為にその命を維持し、生きて行く為に必要な最低限のものとして、着るもの、食べるものそして住む場所が必要という事でしょう。  衣食住とは、人が生活していく上で必要な服装やファッション、食事、食文化、住居のことであり、生活の基本の柱となるものです。衣食住という言葉は個々の詳細を指しながら、個々の詳細のみでなく、それらをどのよ […]

沖縄の古民家

沖縄の古民家竪穴式住居がグスク時代に穴屋(アナヤ)と呼ばれる中柱を建物の中心に立て先端から又木にして棟木を支え茅葺き屋根の構造でチニブと呼ばれる竹や茅で編んだもので壁を囲ったものでした。琉球王国時代に入り身分により家屋の大きさが定められ、農家は12坪の母屋と6坪の台所と定められ瓦葺きなどは許されていませんでした。制限令が解除され貫木屋(ヌチジヤー)と呼ばれる形式の住居が普及されてきました。これは礎 […]

住育検定とは

住育とは家でどういう家庭生活を送るかを考えることで、その為に必要な住宅に関する知識を身につけるのが住育検定です。 住まいとは家庭そのもので、家づくりは人づくり、人と住まいの関係を学び、家族関係を育て、子供を育てる事、住まいへの学びを通して子供たちの心の成長を育むことを推し進めて参ります。住宅に関する情報は多く出ておりますが、家と言う言葉を英語で言うと、HOUSE(ハウス)とHOME(ホーム)という […]

「住育」とは、住まいを学び、子供達の心の成長を育む、こと

「住育」とは、住まいを学び、子供達の心の成長を育む、ことだと思います。 家と言う言葉を英語で言うと、HOUSE(ハウス)とHOME(ホーム)という言葉になります。HOUSEを辞書で引くと、家、 住宅、人家、家屋、民家、邸宅などとなります。いわば建物そのものというハード面だと思います。一方のHOMEとは、家族と共に住んでいる家、自宅、わが家、生家などという意になり、住まいであり愛着あるわが家でありい […]

第1回住育検定開催記念竹島靖氏による特別セミナー開催のお知らせ

  日本住育の会代表で、「住育のススメ」角川SSC刊の著者であるハイブリッドコピーライター竹島靖氏の講演も試験終了後に開催いたします。 「初めての住育~理想の住まいを見つける、転ばぬ先のチエ~」 6月24日 16:00〜17:00 費用3000円(試験と同時の場合は半額の1500円となります) * 10日前までの事前のお申し込みが必要です。* 定員100名 竹島 靖氏プロフィール うまいコピーより […]

住育検定講師のご案内

6月24日開催の住育検定、当日の講習の講師はハワイに22年、ニューヨークに4年半在住され2010年秋に日本に帰ってこられ、ライフスタイリストとして活躍されている永田広美さんが講師をされます。 永田さんのプロフィールは ライフスタイリスト Jinenライフスタイリング協会理事 ハワイ22年、NY 4年半のアメリカ在住生活を経て、 2010年秋より拠点を日本にも広げて活動中。長年の海外生活と多岐のキャ […]

住育検定のご案内

住育の考え方を理解頂くための住育検定の第1回講習試験を6月24日日曜日、東京池袋の東京セミナー学院にて開催いたします。 受講受験要項 ●受講・受験資格 16歳以上の方であればどなたでも受験できます。 ●申込み必要書類 受験願書 1通 受験願書に必要事項を黒色のボールペンでご記入頂き、郵送FAX等で住まい教育推進協会までご返送ください。 ●講習日程 6月24日(日)池袋 東京セミナー学院 〒171- […]

住育とは?

住育は「じゅういく」と読みます。数字で書くと「1019」人が生活する上で衣食住が必要です。 食べるものは食育という形で学校教育などにも広がっています。 しかし住まいに関してはほとんどの人が学ぶ機会がありませんでした。   住まいとの関係を育む事で、家族関係を育て、子供を育てる為の知識を身につけるための知識を身につけることが住育です。 http://yukiokawakami.tumblr […]

1 149