2/149ページ

2/149ページ
  • 2019.09.10

手間を掛け本物を使うと長持ちします

「屋根に合板」多くなりましたね。 工務店さんが「強いから構造用合板」と言う場合が有ります。 「木」より強度としての数字出ますので (木はそれぞれで違うので正確な数字は出ません) 工務店さんの言ってることはある意味正しいです。 しかし「強い」には2つの味方があると思います。 ・強度が強い ・長持ちがする 「木」の強度は「合板」と比較して不明です。 しかし「長持ち」は「合板」よりはるかにします。 屋根 […]

  • 2019.09.06

常識という非常識

日本の火葬普及率は99・9%以上・・・ 残り0.1%があるのです・・・「土葬」です。 それは大和朝廷のあった奈良盆地 剣豪、柳生十兵衛ゆかりの柳生の里(周辺複数の集落) 大保町集落では今も100%土葬です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 葬式の日は朝から、穴掘り役に選ばれた村人3~4名が 2メートルほどの深さの穴を掘り、野辺送りの行列の到着を待つ 野辺送りに連なった人々は、最後 […]

  • 2019.09.01

人生100年時代

「 高齢者の日常生活に関する意識調査」から 高齢層が何歳ぐらいまで収入を伴う仕事をしたいと考えているか? 「働ける限り」との回答が男女とも3割近い結果でした。 農林漁業や自営業など、個人の力量・状況で仕事を判断できる職種で 「働ける限り」の回答が多いようです。 中小零細企業の社長は定年制が無いことから 特に「働ける限り」の回答が多く「75歳までは働きたい」との結果でした。 高齢者の体力・運動能力は […]

  • 2019.08.29

車離れから考える

「車を持つのは男のステータス」 今の若い人は車は買うものではない・・と考えるようです。 新車の市場は 1990年代前半で700万台規模でしたが、今はは500万台です。 レンタカーを含む 「カーシェアリング」が当たり前になってきました。 日本はカーシェアリングで世界2位の規模で カージェアリングの会員は200万台とされています。 500万台+200万台=700万台、数字が合います。 若者のクルマ離れ […]

  • 2019.08.26

地方創生と地域活性化

「地方創生」 2012年にスタートした第2次安倍政権は 東京一極集中を改善し 地方の人口減少に歯止めをかけようとしています。 地方に人が分散した方が東京の地価・家賃も下がりますし 保育園の待機児童問題もなくなります。 東京に人が集まりすぎてるので 地方に分散しましょうということです。 例えば ふるさと納税もそうです。 来年度スタートする企業版ふるさと納税もそうです。 自治体は移住をすると補助金を出 […]

  • 2019.08.22

ペット信託

5世帯に1世帯がペットを買う時代です。 世界でペットの殺処分が一番多い国は日本です。 (ちなみにドイツはゼロです) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「一万円で売られた犬の人生かいました」 ペットショップで犬・猫は売られています。 今人気のプードルがなぜ一万円という値段で売られているのだろう? なぜ売れ残ってしまったのだろう? ペットショップに行ってみると そもそも需要のない動物 […]

  • 2019.08.16

土地所有の考え方

先日の【土地の所有】をもう少し歴史を紐解いてみます。 狩猟を中心としていた時代は、土地を私有するという発想がなかったようです。 縄文時代末期に稲作がはじまると、土地を所有して管理する支配層が生まれました。 奈良時代には「班田収授法」によって土地は国有のものとなり 農民たちは土地を借りる形で耕作しています。 しかし人口増加により、土地が足りなくなったため 聖武天皇は743年に「墾田永年私財法」を発布 […]

  • 2019.08.13

地主の役割

「負動産」が多いと思います。 それを「富動産」の変えていかなきゃなりません。 豊臣秀吉の太閤検地以降 農地は耕す耕作者が所有することになりましたが 個別に年貢を取り立てるのは大変なので 集落ごとに所有者の中から【地主】を選び 集落分の年貢をまとめて納めるようにしました。 数年に一度凶作となるとその分の補填をしなければならず その時、農地を担保に貸し借りがなされたため 借りがかさんだ耕作者は農地を地 […]

  • 2019.08.11

お盆休み?

お盆とは 迎え火やお墓参りをしてご先祖様を供養する行事のことです。 8月13日から16日がお盆とされています。 (一部地域では7月13日から16日) お盆の由来は お釈迦様の弟子が、地獄に落ちて苦しむ亡母を救うため お釈迦様の教えに従い高僧たちを供養したことが始まりで 旧暦7月15日にいろいろな飲食を盆に盛り 先祖を供養するようになったそうです。 ナスを牛、キュウリを馬に見立てたお供え物 精霊牛( […]

  • 2019.08.06

夏を楽しむ

日本の夏を楽しむ仕組みが古民家(日本の住文化)にはあります。 簾(すだれ) 風鈴 冷たいお煎茶 日本の夏を楽しむなら「古民家」ですよ!

1 2 149