伝統

1/4ページ

古民家の耐震基準

「古民家再生の基準」が自治体ごとに整備され 「耐震診断」「耐震改修」の助成が一気に進みます。 古民家の耐震化で最もネックになるのは費用の問題でした。 建物の耐震化は国を挙げての事業なので、 国や自治体からの補助や支援制度が設けられていましたが 「古民家」にはその基準がなく使えませんでした。 耐震の支援メニューは大きく分けて 「補助」「税制」「融資」の3つです。 ・「補助」制度 古民家は再築基準でそ […]

日本の伝統 畳を考えた

あなたの家には、和室がありますか? 近年、日本人の生活スタイルの変化に伴い、和室が一つもない家も増えてきました。 しかし、畳の部屋がなんとなく落ち着くという気持ちは皆持っているのではないでしょうか。 日本の住まいの特徴の一つは、靴を脱いだ生活にあり、床の清潔さではないでしょうか。 特に畳は直接人の肌に触れ、布団が敷かれるなど、清潔な生活を支えてくれました。 部屋の湿度の調整にも一役かっていてくれい […]

神宮新田

鳥羽から林道を越え伊勢神宮を目指していると突然目の前に、昔話の様な景色が飛び込んできました。 おもわず、車をUターンさせ探訪開始。ここは、伊勢神宮の神宮神田でした。 ——————神宮神田 伊勢市楠部町 作付面積約30,000平方メートル神宮神田の起源は、倭姫命がお定めになったと伝えられ、大御刀代(おおみとしろ)または、御常供田 […]

500年後のために

広島県廿日市市の厳島にある神社、嚴島神社の大鳥居。 2度目の訪問です。 木造で両部鳥居(四脚鳥居)で造られています。 高さ約16.6m 棟の長さ24.2m 主柱周り9.9m 総重量は約60t 木部は丹塗り(光明丹[こうみょうたん]) 主柱は楠の木 袖柱[そでばしら]は杉の木を使っています。 今回見ている大鳥居は、 平安時代から8代目です。 明治8年(1875)に再建されました。 笠木は箱になってお […]

古民家の新しい時代の幕開けとなるか…

国土交通省の平成25年度税制改正要望事項の説明資料を見ていると… 住宅を取得する30歳代の所得は1997年30歳から34歳が平均513万円だったのが、2010年には432万円、35歳から39歳は平均589万円だったのが、2010年には505万円と1割以上下がっています。 そこで住宅取得に係る費用の負担を減らす為に保存登記や抵当権の設定の為の税負担を軽減したり、住宅ローン減税の拡充を図っていくようで […]

シロアリ撃退への新事実を見つけました

床下環境が湿気っていると、一番発生しやすい生き物はおそらくシロアリよりも、カビや菌糸類でしょう。さらに木材をスカスカにしてしまうのは、実はシロアリだけではありません。シロアリよりも先に木材中の栄養分である、セルロースとリグニンに手をつけるのがこの生き物 そうナミダダケです。ナミダダケに侵略された木材はすべて絞り取られ中がスカスカになってしまいます。ナミダダケは繁殖すると菌糸の厚みが増してきます そ […]

ジャパ・トラ = 日本の伝統

ジャパトラ3月号が間もなく発刊になります。   今回は「耐震診断」を特集しています。 そしてこの「住育のススメ」にも投稿頂いている 漆喰エヴァンジェリスト 鳥越さんにも寄稿頂きました(ありがとうございました) 毎月発刊の「ジャパトラ」   寄稿頂ける方・・・是非お声掛け下さい。 また、購読ご希望の方はコチラへ 

「住育」の定義

日本の新築住宅の平均寿命がわずか25年から30年なのは、住まい手に補修・修繕して長く住もうという意識が薄く、修繕計画のないままに安易に建ててしまったり、世帯変化に絶えられない作りであったりして、使い勝手が悪くなって作り変えてしまうからです。私は将来の使い勝手に配慮した家をしっかり作り、しっかり手入れすれば長寿命住宅は可能と考え、当社で研究を重ね200年木造住宅は開発成功の一歩手前まで来ました。   […]

物部神社☆

久々の投稿です! 少し前ですが大田市にある物部神社へ行ってきました。 雪が散らついていて寒かったですが、空気が澄み切っていて背筋がシャキッ! “凛”という言葉がぴったりで、とても気持ち良く参拝することができました☆ 神社を間近で見ると職人さんの魂を感じるくらいの迫力で、 日本の伝統・文化、物造りのすばらしさを改めて感じる事もできました☆ ちなみに、物部神社は春日造りです。 “春日造りでは日本一の大 […]

我が家の伝統行事☆

あけましておめでとうございます。今年初めての投稿です。 この年末!唯一 家族が集まってする毎年恒例の行事があります。 それは、お餅つき! 両親が結婚した時も、そのずっと前もこのお餅つきだけは 欠かしたことないくらい続いています。 巷では、便利で簡単な餅つき機を使っていた時でも、 杵でつくお餅の味は違うと言って頑固に杵と臼でお餅をついていました。 自分が子供の頃は、そんな事もわからず手伝っていました […]

1 4