住環境

1/3ページ

古民家を未来の子どもたちへ残したい

日本の建築物や住宅は建築基準法という法律に基づき安全に建てられています。 建築基準法は昭和25年にできてから幾度かの改正を経て、現在建てられる住宅は世界的に見ても精度が高く、また地震などに対してもそこに住む人々の生命、財産そして安全を守り、安心して生活できる空間を提供してくれています。建築期間も昔に比べ短くて3ヶ月ぐらいで家は完成します。 安心、快適な生活を守ってくれる現在の住宅は魅力的です。昨今 […]

【F ☆☆☆☆】は日本の安全基準

【F☆☆☆☆】は日本の安全基準で この基準を満たしていれば「人体に影響は少なく安全である」と言えます。 昨日お話させて頂いたように 「中国で生産された新建材(以下無垢という)は安全」とはいいきれません。 しかし、無垢の床材の多くは「中国産」という現実が有ります。ではどうしてるのか? 中国から輸出時に「ホルムアルデヒド等の吸着剤」を塗ります。 これで「ホルムアルデヒド」等の有害なものを封じ込めます。 […]

中古住宅の査定士10倍に、住宅10社、3年以内、流通拡大狙う

日経新聞の記事に「中古住宅の査定士10倍に、住宅10社、3年以内、流通拡大狙う」とありました。   内容は以下です。 大和ハウス工業や積水ハウスなど住宅大手10社で構成する優良ストック住宅推進協議会は、 優良な中古住宅の流通を拡大するために専門の査定士を大幅に増やす。 査定する資格取得者は現在、大手10社で2400人程度。 今後3年以内に各社が社内研修などを強化し、10倍の2万4000人 […]

【住育】という基準

【住育】とは、様々な経験から「住」に関するあらゆる知識と「住」を選択したり、 見抜く力を習得し、健全で健康、安心な住生活を実践することができる人間を育てることである。 国民一人一人が、生涯を通じて健全で安全な住生活の実現、 住文化の継承、健康や、良好な環境の確保等が図れるよう、 自らの「住」について考える習慣や「住」に関する様々な知識と 住を選択する判断力を楽しく身に付けるための学習等の取組みを指 […]

【住まいで大事なコト】を教える・学ぶ

住まいを選ぶ場合に 機能性・構造・デザイン・価格を重要視する場合があります。それでいいのでしょうか? 【住育】は世の中の当たり前になってきました。住育には4つの視点があります 1、健康住宅の視点 2、子育て住環境の視点 3、生涯のお金からみた住まいの視点 4、持続可能な循環型の住環境の視点 私の【持続可能な住環境の視点】が一番大事ではないかと考えます。大切な家で「家族」が暮らす、2世代、3世代・・ […]

住環境が私達に与える影響

住環境が与える人体への影響について考えてみましょう。   皆さんは住環境と身体って互いに影響し合ってると思いますか?   新しい『すまい』に生活し始めて感じる事とはどんなことでしょうか。 例えば不都合や不便さは、施工のミスではなく計画上のミスです。でも、このミスは、欠陥しされる事は少ないのが現状です。良く言われるミスは、施工のミスが多いです。   ところで、設計(計画 […]

尾木ママ流!「住育」プロジェクト

講師はテレビ、雑誌、講演会でご活躍の教育評論家 尾木直樹先生が、子育てに適した住まい選びと、住まいでの子育て論を「住育 ―じゅういく―」の視点から直接伝授します。  昨今のいじめ問題、体罰問題など子どもを取り巻く環境に、モノ申しつつ、そんな時代に子どもが未来に夢を抱き、生きるチカラを育むため、愛のある子育ての秘訣をお話しします。  今、最も子育てを考えぬいた尾木直樹先生から最新の子育て情報を提供す […]

住育って何?

住育」はウィキペディアによると ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 住育(じゅういく)とは、様々な経験から「住」に関するあらゆる知識と「住」を選択したり、見抜く力を習得し、健全で健康、安心な住生活を実践することができる人間を育てることである。 国民一人一人が、生涯を通じて健全で安全な住生活の実現、住文化の継承、健康や、良好な環境の確保等が図れるよう、自らの「住」につ […]

全国一斉に「住育」を学んで頂きます

平成25年4月20日全国10都市で住育検定の一斉試験です。(申込開始は2月20日。申込締め切りは4月5日) 試験日 4月20日 時 間 14時40分受付 15時から15時45分まで  試験料 6000円(別途教本2800円を事前に購入ください) 尚、試験への教本の持ち込みはできません。 ■ 開催地北海道札幌市東京都内石川県金沢市 静岡県静岡市 愛知県名古屋市 大阪府吹田市広島県広島市香川県高松市  […]

住生活基本法

住生活基本法(平成18年6月8日法律第61号)は、国民に安全かつ安心な住宅を十分に供給するための住宅政策の指針となる法律。 「住宅建設五箇年計画」に変わり、2006年2月6日に閣議決定され、6月8日に公布・即日施行されました。 従来の新しい建物を「作っては壊す」のは環境への負荷を掛け、 また住宅の平均寿命は英国75年、米国44年に対し、日本は30年と極端に短いなど問題点も多い。 また、現状では新築 […]

1 3