合板

1/2ページ

木の価格は高いか?安いか?

「檜の土台はシロアリに強くない」 案外「木は知らないこと」多いのだと思います。(材木屋さんでも知らない人が居ます)「 木材の価格」も多くの方は知りません。  「何故、国産材を使用しないんですか?」 プロの方が 「国産材は高いから」と言うのを聞いたことが有ります。   一般的に、木材価格は「1本いくら」という価格付けではありません。 原木市場でも製材所でも、また住宅建築に対する見積もりでも、「1㎥当 […]

木のソムリエのお仕事

19世紀半ばまで80%を誇ったわが国の木材自給率は20%強  木材総供給量の内訳は、米国・カナダの、いわゆる米松が圧倒的に多く30% 輸入伐採の多くは違法と言われています 30%〜60%と言われており何が正しいか定かでは有りませんが違法伐採が多いのは間違い無い)   自給自足経済で成り立っていた少数民族は現金を求め森の伐採に応じ、コミュニテイの破壊を招いています。 あたかも自分の体を切り […]

十人十色

こんにちは、Saigo建築士事務所の西郷です! 今日は建具(ドア、引戸)のお話です。 最近、建具(ドア、引戸)は既製品を使うことが多いです。 理由はコストと施工手間! 既製品は専用枠、金物、ドアが全てセット品となっていて 大量生産品なのでコストが安い、発注も簡単、 施工も大工がカンタに出来てしまいます。 昔のような建具業者さんが現場で寸法計って造る手間を考えると どうしてもコストが安く出来る既製品 […]

伝統住宅から住育を学ぶこと

最近「食育」ということが言われ、栄養を満たすだけでなく、 何をどのように食べるか、食べ物の背景を知ることが大切だという認識が広がっています。 どこに住むか、どのような家に住むかということも、同じくらい大事です。 昔の家には、すだれ障子、かまど、消しつぼ、がんどう、ねずみ返し、蔵の二重扉など、先人の工夫やたくさんつまっています。 こどもたちの「古民家」を体験してもらうと建物の中でさまざまな発見をしま […]

築38年のイノベーションを体験して。

こんにちはSaigo建築士事務所の西郷です。 12月に入りましたネ!今年の冬は寒いそうなので風邪などにはご注意下さい。 私の実家は築38年で昭和49年に完成した住宅です。 私が小学生低学年の時に建てた自宅です。   今年の夏にイノベーションを行いました。 補強もし、住宅設備一式(キッチン、浴槽、トイレ、洗面化粧台)変えて 畳も全て新しい畳に変更、フローリングも 合板フローリングから無垢フ […]

建築時期でみる木材の品質

住宅に使われる木材は時代とともに変化しています。 木材の需要を林野庁のデーターで見ると、木材需要の約4割、国産材の需要の55%が建築関係で消費されていますが、昭和40年以降の輸入木材の増加により 現在は輸入木材の比率が高まっています。 住宅寿命を延ばす事を考えれば、地元の気候風土にあった国産木材の方が湿気の少ない場所から輸入された木材より長持ちするはずです。   一般的な住宅(木造在来構 […]

無垢の床材

床材は数限りなくあります、 新建材と言われているフローリングは合板の上に0.2㎜の単板が貼られています。 単価もお値打ちですし、製品の幅が303㎜長さが1間1818㎜なので 施工が早くなります、ということは大工コストを下げる事が出来ます。 無垢材の幅は100㎜前後で大工が1枚1枚貼っていかなければいけないので 手間は新建材フローリングの3倍はかかってしまう・・・ 大工が2日で貼れるところが6日かか […]

国が義務づける」「合板」使用

また解らなくなってきました。長期優良住宅は構造用合板を使うこと」と国が義務づけている・・・ 長期持つ住宅なのに長持ちしない「合板」を使わないといけない・・おかしくないですか? そうですね。おかしいですね。 基本的に国の定める基準は「数値が出ること」を大前提にします。 専門家なら「合板は水に弱い」を知っていますから 「屋根に合板」は勧めないと思います。 将来にわたり雨漏りが絶対ない家は不可能です。 […]

我が家のモンステラ

                    我が家のモンステラです。 モンステラは1960年代前後のミッドセンチュリー時代に人気が出て、インテリアとしてはもとより色々なシーンでのデザインに利用された有名な観葉植物です。   モンステラはアメリカの熱帯地域に生育しているつるが伸びる植物で、生長に […]

質問の続きなんですが・・・・

昨日のブログで「高くなると言われたらめんどなことだけ」とありましたが本当ですか? 建築屋さんが「高くなる」の多くは「手間が掛かる」ということです。 昔と比較して、建築屋さんは「効率を優先」するようになりました。 これは住宅だけでなくどんな商品でも一緒ですが 手間を掛けた商品の方が長持ちする傾向にあります。 もちろん住宅もそうです。 その証拠に「大工さんの建てた家とハウスメーカーの建てた家」 を比較 […]