境界

建物完成後に気付かないで

私達土地家屋調査士に建物登記のご依頼があるのは、その8割が工事完了時期。 つまり多くの場合、登記がいよいよ必要な頃になって、初めてお見えになる訳です。 でもその中で「事前に相談してくれてたら…」と思うことがよくあります。 たとえば… ある施主さんから「A地に家を新築したので、登記をお願いします」のお電話。 建築確認済証、検査済証、引渡証明書……ひと通り必要書類は揃ってるようです。 現場を見に行くと […]

突き刺さる鳥居

前回の窓同様、建築設計がいい加減だったために現場で起こる問題は多々あります。 「大手住宅メーカーなら大丈夫」みたいな過信は禁物です(業者の大小は関係無し)。 法定条件を満たしていても、現地状況を熟知しておかないと後悔することになるかも。 今日は敷地内の配置計画の中に潜んでいた失敗の一例です。 写真は鳥居の角が家に突き刺さっているかのようですね。 明らかに鳥居の方が先に建ってたはずなので、無茶な設計 […]

間伐 ③

日本の国土面積の7割弱にあたる2515万ヘクタールは森林で、森林面積の41パーセントあたる1000万ヘクタールが人工林、その人工林のうちの4割が間伐の必要な森林といわれていますが、戦後に造林された人工林の間伐がなかなか進まないのが大きな問題となっています。 材価が安いため、間伐材を搬出すればするほど赤字になる等の理由により森林所有者も間伐に躊躇してしまう。そうして間伐されないまま樹木が密生し手遅れ […]

じめんのボタンのナゾ

どんな家を計画するにも、まず確認すべきは敷地の境界線。 境界線と方位が示された図面が無ければ、建物の計画図は書けません。 その確認に大切な境界標の重要性・・・知ってるようで知らない大人が多過ぎます。 分かりやすくお伝えする工夫は続けるつもりですが、文章表現はなかなか難しくて・・・ 今日は私に代わって、小学2年生の女の子の力をお借りしたいと思います。 知らない方は勿論、簡単に撤去しちゃう施工業者さん […]

境界②『自己所有地内でも要注意!』

ここ最近、立て続けに多かった類似のご相談が、自己所有地内での境界トラブル。 しかもそれは物置や車庫などを建てたことや、増築が原因。 なぜそんなトラブルが起こるのでしょうか。 例えば・・・ 自己所有の宅地と田の2つが地続きで、2筆間に塀も境界標も無く曖昧な場合。 うっかり2筆に跨って建物を作ってしまうと、どうなると思います? 田の方も宅地に無断転用したものとみなされてしまいます。 農業委員会などが知 […]

???を!!!に変えるパートナー

今来年建て替えのお客様の打ち合わせをしています。 今日は住宅ローンの相談に銀行さんへ   銀行は土日祝日はお休みですが、最近はローンセンターという平日夜9時まで、土日営業の店舗があるので相談に行くにも楽になりました。 変動金利や固定金利、フラット35の説明や、団体信用保険、保証料、金利などの説明に合わせて契約の時期や必要な手続きなどをお客様に説明してもらいます。銀行の担当者よりはお家の事 […]

“付帯工事”に気をつけて

モデルハウスや展示場に行かれた方、 「うちは坪単価○○万円です!」と営業マンから言われたことはありませんか? そう言われると、 「坪○○万円で家が建つんだ」と思ってしまいます。 それが普通です。 でもその坪=○○万円だけでは家は出来ません。 一般的に、建築工事は「本体工事」と「付帯工事」に分かれます。 「坪単価○○万円」というのは、「本体工事」にかかる費用のこと。 なので「この家を建てるには、坪単 […]

境界① 『筆界と所有権界』

“境界問題”と言えば、最近海の上がやたら騒がしいですね。 「ここは我が国の島だ」「いいや、我々の領土だ!」・・・って。 地球上の線引きで喧嘩してるのを宇宙人が見てたら、きっと呆れてるでしょうね。 個人間の土地の境界はさらに小スケール。でも当人同士にとってはやはり大問題。 せいぜい数十cmの差・・・いや、ブロック塀の厚み10cm程度で不仲になる場合も。 という訳で、境界についての基礎知識も時々お伝え […]

『DIY』〈自分でやっちゃお!♪〉

家の『DIY』って分かります? 耳にしたことくらいはありますよね。 “Do It Yourself”・・・つまり専門業者に頼らずに自分で生活空間作りを楽しむことです。 家本体は大工さん達プロに任せるとして、自分でやれることは何も無いですか? 素人さんでもその気になれば可能なことって、意外とたくさんあるんですよ。 基本的に必要なのは材料とやる気だけ。自分でやれる分だけ、工賃は丸々浮きます。 我が家も […]