家庭

1/5ページ

木の家と金属の家

とあるホームページからの引用になりますが・・・ご紹介致します。   数年前に静岡大学の農学部家畜飼育科で、木、金属、コンクリートという 3種類の箱(ゲージ)をそれぞれ10箱ずつ使い、マウスの飼育をしてその 生態を観察するという実験を行いました。   それぞれの箱の形は、縦30cm、横17cm、深さ11cmと 同じ大きさのものを使用しました普通、マウスは湿度60%の屋内実験室で 飼育されて […]

玄関とは

玄関とはそもそもは禅に入る入口を意味するもので、平安時代の中門廊(ちゅうもんろう)という玄関の前進であったものが武家の台頭とともに発展し、江戸時代に確立されたとされます。   玄関は身分格差が表現される部分であり、昔は一部のものしか玄関を持つことは許可されず、明治に入り一般家庭にも造られるようになりました。   玄関は、床の間と同じく真行草(しんぎょうそう)の仕様があり格式でいえば角材や […]

干し柿(吊るし柿)

昔を偲んで干し柿を作りました。昔はどの家庭も軒先にカキを吊るして冬の保存食としてお正月の食べ物として普通に食べたものです。小さい頃は、みんなで皮をむいて縄に吊るしまだかまだかと待ったものです。現在は、果物の中でもカキはあまりたべないのかも知れませんが昔から「柿が赤くなると、医者が青くなる」といわれるほど栄養価の高い食べ物でもあります。 柿といっても干し柿は渋柿のことを言うのですが甘柿はそのまま食べ […]

おいしいお米を食べるコツ

 東北の農家では『自分たちで食べるお米は米倉でわざと1年寝かせる」といいます。初物が好きな日本人に「新米」という言葉は新鮮で獲れたてだから美味しいというイメージがついて回ります。  「新米」と聞くと、「美味しい」って思い込んでいませんか?   どうやらお米の事情はそうでもないようです。 東北の農家では、自宅用のお米は穀倉に籾殻を詰めた中で1年お米を保管させてから食べるそうです。 そうすると「美味し […]

オール電化は地球にやさしくない

近年環境問題への関心が高まる中、「オール電化は環境にいい」という表現がしきりとなされ、消費者に対してイメージが植え付けられています。 2008年3月時点で四国電力館内では、新築戸建住宅の67%がオール電化であるという報告があります。 電力会社は夜間の発電設備を有効活用する為に、夜間に安い料金体系を設定していることから、導入する消費者にとってメリットが感じられるようになっています。 販売店にとっても […]

家と庭について考える

家庭とは家と庭、『家』というハード(建物)と別に家に住む人の事も含めたイメージ家庭にはあります。 さて、子育てをしていきながら、わが子の躾について考えさせられることが多いです。最近、娘のハルカの行動範囲が広くなり、小学校周辺に住む隣町の子供と遊んだりします。 親がしっかりしていると感じる家庭は、親同士連絡を取り合い、きちんと挨拶をしてから『お世話になります』『お預かりします』と言ってから遊びに行き […]

畳のお話

畳の表替えの依頼がありました。 その畳を持ってみたらずっしりと重く、古いのに台がしっかりして、しなりもしないのです。 藁の本畳みです。 一枚35㎏あります。 藁畳みも藁の密度によって善し悪しが決まります。 この畳は上級の畳で本藁を45㎝の厚みに積んでそれを5㎝に圧縮してあります。 一見圧縮ボードかと間違うぐらいでした。 よく見ると一本一本藁のかたまりでした。 それじゃ、今の一般的な畳は何㎏だと思い […]

住まいの歴史 鎌倉時代から昭和時代の住居

今日は日本の歴史を解り易く解説されているサイト「http://1950rekisi.blog.so-net.ne.jp/」より 「鎌倉時代から昭和時代の住居」をご紹介させて頂きます。 鎌倉時代以後になると、華やかな生活をしていた貴族が衰え 武士が政治をとるようになりましたので 暮らしの上にも大きな変化がありました。 これまでの貴族の住宅は、風通しのよい夏向きのものでしたが 鎌倉時代から室町時代にな […]

家と庭で家庭~庭の活用法について

家を建てた当時、庭って敷地の中にある建物の余りスペースって位置付けというイメージしかありませんでした。しかしながら…家と庭で家庭というように、調和をとることが重要だと気付く頃には家を建てて数年後のことでした。 庭を考える時に、庭として活用できるスペースをどう使うか。そこに全てはあります。一番最初に考えるのは玄関前。 ここは家の顔となる場所。実は一番重要になるところ。     こ […]

離婚で起こる住宅ローントラブル

みなさん こんにちは 住宅ローン超節約術 ファイナンシャルプランナーの杉本です。   今回は住宅ローントラブルの話 それも離婚が原因になってるものです。   我が家は保育所に子どもを預けて共働きしていたのですが こどものお友達の約半数が母子家庭だったこともあり   最近は離婚する家庭が増えているのかな~ なんて思ってた時期があったのですが   よく考えたら保 […]

1 5