家造り

2/4ページ

資金計画を大きく左右する土地代と諸経費

家づくりでは、マイホームへの夢と手に入れることができる嬉しさで判断が鈍るときがあります。 1年にもわたる家づくりのプロセスの中で、重要なのが土地選びです。 選んだ土地の価格によっては、予算オーバーなんてことも。 資金計画を大きく左右するのが土地の価格です。 建物の建設費は、グレードによってほぼ決まっていますが、 土地の価格はロケーションによって大きく変ります。 予算を決めてから、探すのが鉄則です。 […]

木のことを知りたい

  当イベントは、これから「家」を建てようと考えられている方を対象に開催します。 家を建てようと考えた際、まずどこへ行かれますか?恐らくハウスメーカーの展示場や地元工務店に行かれる方がほとんどかと思います。 家造りに使用される『木』のことを殆ど知ること無く建築される方が多いのが現状です。 今回のイベントでは山の見学から施工現場まで4回に分かれております。「樹」が「木」となる過程や実際の完 […]

建てること10年前

建築に関わり43年、いろんな家を建てさせて頂きました。我が家は自分の手で建てたいと思いつつ、時は30年を経過してました。 紆余曲折有りましたが、ようやく我が家を建てることができたのが10年前のことです。よそ様の家を建てるときも、自分の家を建てる思いで建ててきたのですが実際建てるとなると、あれやこれやと迷うものです。 私たちが住まう家とは本来どうあるべきだろうか。家造りに関わるものとして自問自答の日 […]

食育から考える住育

中国で肉用鶏への成長促進剤投与が報じられたケンタッキー(KFC)とマクドナルド。 詳しくは → ココ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 11月23日、中国の一部メディアは、 ケンタッキーとマクドナルド向けの肉用鶏がわずか45日間で出荷されていると報じた。 ケンタッキーなど国外の有名な ファストフード向けに食肉を供給している山西粟海集団が飼料に添加剤を投与し、 […]

謹賀新年

明けましておめでとうございます。 大工を志したのが15歳の時でした。中学校を卒業すると、手に職をつけるというのが当然という時代です。かれこれ40年も前のことです。徒弟時代というもの、それは今では考えられないほどの修行でした。 その人たちが大工職人として技術を活かせているでしょうか!本来なら、修行時代に身に付けた技術を遺憾なく発揮できるのが理想だと思います。しかし、家造りも様変わりして技術なくてもで […]

十人十色

こんにちは、Saigo建築士事務所の西郷です! 今日は建具(ドア、引戸)のお話です。 最近、建具(ドア、引戸)は既製品を使うことが多いです。 理由はコストと施工手間! 既製品は専用枠、金物、ドアが全てセット品となっていて 大量生産品なのでコストが安い、発注も簡単、 施工も大工がカンタに出来てしまいます。 昔のような建具業者さんが現場で寸法計って造る手間を考えると どうしてもコストが安く出来る既製品 […]

微調整…

たとえば床張りにしてみれば、ただ単に張ればいいというものではありません。新建材(工業製品)ならともかく自然素材の無垢板は、張り加減が大事です。 というのも自然素材は、生きているということでしょうか。夏場・梅雨場と張り加減は微妙に違ってきます。夏場に張る場合は、堅く張り詰めず軽く紙一枚が入るくらいに張ります。   梅雨場には、強く張り締めて張ります。(基本梅雨時は床張りはあまり良くないので […]

自然素材の家・・・の怖さ

中国政府は16日、屋内の空気汚染に関連した健康問題で、 中国国内で年間220万人の青少年が死亡しているとの報告書を発表した。 そのうち半数は5歳未満だという。中国国営の中国新聞社が伝えた。 詳しくは → こちら 衝撃的な記事です。 しかし本当の問題は、日本の住宅の「自然素材」とは無垢の床や壁材をつかうことを言います。 その多くの「無垢」が中国から輸入されているのです。多くの建築現場で使われています […]

木の乾燥に関してご意見頂きました。

前回の「家造りで大切なこと」に対して御意見頂きました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 現代では自然(天然)乾燥だけでは、年月が掛かり過ぎて、経済的に成り立たないでしょう。 天然乾燥と機械乾燥と併用し低温(45度C)くらいで機械乾燥し次に天然乾燥し また機械天然と最低3か月くらいかけて繰り返す その時間は木の状況を見て決め、同じ顔の木を集めてソノグループごとに […]

家造りで大事なコト

家造りで木は「柱は乾燥させます」 しかし「梁は半乾燥でいい」と言います。乾燥には(もちろんココでは自然乾燥のことをいいますが)「木を立てる」ことで木口から乾燥させなくてはなりません。横にしておいたのでは、表面乾燥しかしません。 柱は乾燥させることは簡単ですが、梁は大きいので立てることは難しい。ですからある程度乾燥させるには「葉枯らし乾燥」を山でします。  「乾燥している柱に半乾燥の梁を組む」ことで […]

1 2 4