新築

1/10ページ

インスペクションの夜明けは来るか…

  ユーザーレポートは一般消費者が調査することを指すが、インスペクションとは専門家による調査の事。中古住宅(既存住宅)を流通させるためには専門家によるしっかりとした調査が必要で、そのためにあるのが建物検査(インスペクション)制度。家を調査する専門家はホームインスペクターと呼ばれています。 建物のコンディションを明確にして、それを報告することで直す部分や悪い部分を把握して安心して建物が購入 […]

マイホームは誰のため?

よく夢のマイホームって言いますよね? マイホームを計画し、将来図を描いている時間はとても幸せな時間です。 しかし、いつからか夢のマイホームが夢でなく負担になる人も少なくないのも現状です。 そもそも、何故マイホームを持とうとするのでしょうか? ・家賃が勿体ない・家が手狭になった・子どもが出来た よくきっかけにあげられるものだと思います。 しかし、家の支払いに追われ生活の質を落としてしまう方・・・少な […]

大工の勘

大工の勘。 こんな所でですか⁉大きな破風板を担ぎ上げたと思ったら、こんな屋根の上で微調整☆ 古民家は、その長い時間の中で、木の乾燥や捻れ、瓦や材木の重み、さまざまな環境で今のバランスを保っている。もちろん、その家その家によるので、部分改修をする上でも、それに合わせた所謂「大工さんの勘」がどうしても頼りになる。 破風の取替作業を見ていたら、拝み合わせの部分がピタリと合ってない。微調整もしたし、気持ち […]

むかしの家は寒い!?古民家リノベーション

私は町家で育てられたので、暑さ寒さに強い体質がプチ自慢。 先日は雪の残る彦根のとある古民家で一日過ごしましたが・・・ やっぱり冷えました(笑。   幼くからマンションや機密の高い家で育ってきた人には、 想像の遥か上をいく 耐え難き寒さかも・・・ 「寒い・暗い・使いづらい」負のイメージもある古民家。 さてその真相は!?     寒い季節の古民家を経験しておくことも住まい […]

中古住宅と新築・・・さらに古民家は?

中古住宅の市場拡大を国も推し進めていますが、中古住宅を選択された方の多くは、「住宅の立地条件がよかったから」と回答される方が6割前後にのぼるそうです。   家を建てるのではなく、家を買う場合は、「立地条件」が重要視されることがわかります。 その他、中古住宅を選択された方の理由を調べると・・・ 第1位 予算的に手頃だった 79.9% 第2位 新築にこだわらなかった 42.3% 第3位 リフ […]

増加する住宅リフォーム工事のトラブル

住宅リフォームが近年増加しているなか(厳密には新築の棟数が減少による、比率が高まっている)、減らないのがリフォーム工事時のトラブル。   ・訪問販売の事例 【事例1】屋根の塗装工事を契約したが、契約金額を修正液で書き直された 【事例2】訪問販売業者の言うままに契約し、代金を支払ったが業者と連絡がつかない 【事例3】11件で総額500万円のリフォーム工事を契約させられていた 【事例4】訪問してきた業 […]

木で作れば安心!ではない

よく・・・国産ヒノキ材使用!木造住宅!など   あたかも「木で家を作れば安心!」ととれるような謳い文句を目にしたりします。   今の住宅をみてみると木造住宅でも見回してみると・・・ ・床は合板フローリング ・壁はビニールクロスの壁紙 ・建具やドアは塩ビシート貼り ・断熱材はグラスウールやスタイロフォームなど   天井から壁、窓枠、床や床下まで石油から加工された化学工業製品が使われています […]

シックハウスの真実

経済発展が急速に進む上海では、 住宅、オフィスビル、商業施設などの建設ラッシュが続いています。 外見は豪華絢爛、 しかし目に見えないところで深刻な健康被害が広がっているのです。 それはシックハウス症候群(以下「シックハウス」) シックハウスとは、住宅の新築やリフォームがきっかけで、目がチカチカしたり、 めまい、頭痛などの体調不良、健康障害を引き起こすことで、 建材、塗料、接着剤、家具などから出る […]

オール電化は地球にやさしくない

近年環境問題への関心が高まる中、「オール電化は環境にいい」という表現がしきりとなされ、消費者に対してイメージが植え付けられています。 2008年3月時点で四国電力館内では、新築戸建住宅の67%がオール電化であるという報告があります。 電力会社は夜間の発電設備を有効活用する為に、夜間に安い料金体系を設定していることから、導入する消費者にとってメリットが感じられるようになっています。 販売店にとっても […]

近隣で建築現場を見かけたら・・・第1話(近隣に建築現場はありませんか?)

一般社団法人住まい文化研究会が月2回発刊している「おうちのはなし」から抜粋。 定期購読は(http://ouchi874.org/order.asp)からお願いします。 2013年度の住宅着工数は、98万戸ありました。 消費税増税への駆け込みもあり、東日本復興やオリンピック需要などで、工事現場の職人不足がニュースになるほどです。 総務省の住宅・土地統計調査の2013年結果では、5年前の前回調査から […]

1 10