未来

1/4ページ

【空師】からみる時代の流れ

この冬は明らかに暖かい、暖かすぎる。北国では雪が少なくてスキー場が困り果てているとか、熊が冬眠しないとか九州ではホタルが飛んだとか、信じられないような話しも聞く。 ふと思いついて、何度か取材をしている空師そらしの熊倉さんに、この頃の陽気をどう見ているのか聞いてみた。屋敷林や寺社の樹木の伐採を多く手がけている熊倉さんは、関東近県のいろんな山や林にも入る彼ならばなにか面白い現象をきっと知っているのでは […]

花粉の原因

飛んでくるもの・・・ 花粉・黄砂(PM2,5)・オスプレイ   今は「スギ花粉が多い」と言われています。 杉の多くは「戦後昭和25年〜40年」に植えられたものが多いです。これは「戦後家を多く建てる必要が有る」との国の施策で比較的短期間で大きくなる「スギ」を植えました。しかし昭和39年木材輸入の完全自由化から、日本の木材は使われなくなりました。1、めんどくさい2、価格の問題です。そして日本 […]

住環境が私達に与える影響

住環境が与える人体への影響について考えてみましょう。   皆さんは住環境と身体って互いに影響し合ってると思いますか?   新しい『すまい』に生活し始めて感じる事とはどんなことでしょうか。 例えば不都合や不便さは、施工のミスではなく計画上のミスです。でも、このミスは、欠陥しされる事は少ないのが現状です。良く言われるミスは、施工のミスが多いです。   ところで、設計(計画 […]

尾木ママ流!「住育」プロジェクト

講師はテレビ、雑誌、講演会でご活躍の教育評論家 尾木直樹先生が、子育てに適した住まい選びと、住まいでの子育て論を「住育 ―じゅういく―」の視点から直接伝授します。  昨今のいじめ問題、体罰問題など子どもを取り巻く環境に、モノ申しつつ、そんな時代に子どもが未来に夢を抱き、生きるチカラを育むため、愛のある子育ての秘訣をお話しします。  今、最も子育てを考えぬいた尾木直樹先生から最新の子育て情報を提供す […]

シロアリ撃退への新事実を見つけました

床下環境が湿気っていると、一番発生しやすい生き物はおそらくシロアリよりも、カビや菌糸類でしょう。さらに木材をスカスカにしてしまうのは、実はシロアリだけではありません。シロアリよりも先に木材中の栄養分である、セルロースとリグニンに手をつけるのがこの生き物 そうナミダダケです。ナミダダケに侵略された木材はすべて絞り取られ中がスカスカになってしまいます。ナミダダケは繁殖すると菌糸の厚みが増してきます そ […]

全国一斉に「住育」を学んで頂きます

平成25年4月20日全国10都市で住育検定の一斉試験です。(申込開始は2月20日。申込締め切りは4月5日) 試験日 4月20日 時 間 14時40分受付 15時から15時45分まで  試験料 6000円(別途教本2800円を事前に購入ください) 尚、試験への教本の持ち込みはできません。 ■ 開催地北海道札幌市東京都内石川県金沢市 静岡県静岡市 愛知県名古屋市 大阪府吹田市広島県広島市香川県高松市  […]

伝統住宅から住育を学ぶこと

最近「食育」ということが言われ、栄養を満たすだけでなく、 何をどのように食べるか、食べ物の背景を知ることが大切だという認識が広がっています。 どこに住むか、どのような家に住むかということも、同じくらい大事です。 昔の家には、すだれ障子、かまど、消しつぼ、がんどう、ねずみ返し、蔵の二重扉など、先人の工夫やたくさんつまっています。 こどもたちの「古民家」を体験してもらうと建物の中でさまざまな発見をしま […]

樹と木の価格

樹と木・・・ほとんど価格は知られていません。大工さんでも「ホントの価格」はあまり知られていません。 まず「樹」の価格ですが3Mの柱になる原木の価格がワンコイン500円位解りやすくの説明ですので樹種やその品質に寄って違いますので 一概には言えませんが・・そんなものです。 では「木」住宅での「木材代金」は約8%です。すなわち「2000万の住宅であれば160万が木材代金」ということになります。 山の樹、 […]

未来の子どもに残すもの

日本の建築物や住宅は建築基準法という法律に基づき安全に建てられています。建築基準法は昭和25年にできてから幾度かの改正を経て、現在建てられる住宅は世界的に見ても精度が高く、また地震などに対してもそこに住む人々の生命、財産そして安全を守り、安心して生活できる空間を提供してくれています。建築期間も昔に比べ短くて3ヶ月ぐらいで家は完成します。安心、快適な生活を守ってくれる現在の住宅は魅力的です。昨今は地 […]

「住育」の考え方を語ります

明日再放送される「地球大好き未来便」で「住育」について語ります。 BS朝日 11;00〜11;30 「未来の子ども達の為に」語ります。 是非、観て頂きたいと思います。 もし、お時間有れば・・・その原点を「カンブリア宮殿」で語っています。 コチラをこらん下さい → ココ

1 4