Skip to content

Posts Tagged ‘漆喰 ’

3月. 13, 2015

落ち葉や雪の季節はトユの苔とり、角度の調整。 引き戸のご機嫌がななめの日には敷居にロウ。 梅雨が明ければ床板をめくり、タタミを日光浴。 雹が降れば穴の空いたナイロン屋根の張り替え。 台風が来る前は窓ガラスにテープや板を貼…

2月. 12, 2015

佐賀市の歴史民族館を見学してきました。あいにくひな祭りの準備中とのことで内部は見学できず。旧家の並ぶ町並みを見学してきました。歴史民族館は長崎街道沿いにある洋風建築の旧古賀銀行、古賀銀行の頭取だった古賀善平氏の自宅旧古賀…

1月. 20, 2015

敗戦によってアメリカに全てをぎゅうじられた日本。   衣、食、住、すべてが変わってしまった。 住においては、日本に木で家を建てさせないように。   石油で家を建てさせられた。   学校も公共施設、マンションなど全てコンク…

10月. 2, 2014

福岡県うきは市にひっそりと佇む、土蔵(どぞう)。 築100年は経っており、外壁はトタンで覆い被されており、 その当時の姿を見ることはできません。 この蔵を修繕することとなりました。 土蔵とは、日本の伝統的な建築様式のひと…

7月. 25, 2014

この時期、家に帰ると「暑い・・・」と思いませんか?  もともと、日本の住まいは「夏涼しく冬寒い」のが特徴でした。 吉田兼好の徒然草の中に 「家の作りやうは夏を旨とすべし。冬はいかなる所にも住まる。 暑き比(ころ)わろき住…

5月. 17, 2014

和風住宅に見る「長押」は一般的には和室の鴨居の上に取り付けられる化粧材のことをいいます。以前は、軸組みを引き締める構造材の意味合いもありました。 単に長押といえど数種類があり、一般に言う長押を内法長押(うちのりなげし)以…

11月. 2, 2013

夏の昼下がりおばあちゃんの家のほの暗い座敷で昼寝をした遠い記憶外のまぶしさと軒下に揺れる淡い光。  黒光りする廊下や柱、飴色の畳、白い障子。  風が吹き抜けると藺草(いぐさ)の香りが漂って。しっとり、さらり・・・  畳の…

9月. 14, 2013

「古民家フォト甲子園」の入賞者が発表されました。 ■最優秀賞『琉球男児』Aladule(沖縄県)   昔からある赤瓦屋根の古民家に住む人がいなくなり、どんどんマンションなどに建て替えられている。この家もいずれは…

6月. 22, 2013

メンテナンスは場所ごとに点検サイクルが違います。適切なサイクルで点検そして交換が必要です。 特に痛みの激しい部分は外部、屋根と壁は当初10年間はいいですが、その後は5年程度で点検をして、外壁の塗装なら新築から10年〜15…

6月. 6, 2013

町屋(まちや)は、町人が住む住宅で、つまり、農家に対し商業や工業を営むための都市住宅です。町家(まちや、ちょうか)ともいい、特に商いの場を兼ねた町屋は商家(しょうか)と呼ばれます。宿場における街並みは宿場町と呼ばれ、城下…