解体

1/3ページ

多種多様な“諸費用”

注文住宅では坪単価が表示されているのが一般的です。 建築屋さんやハウスメーカーの展示場などに行き 「坪単価はいくらですか?」と聞いたことある方も 中にはいるのではないでしょうか? その坪単価に建てたい家の広さ(坪数)を掛けて おおよその目安にしている・・・という方もいるはずです。   弊社に初めてお越しになる方のほとんどの方も 「坪単価はいくらですか?」というご質問をされます。 弊社の場 […]

大工さんのお話ー再築ー

大工さんのお話しをお伺いする機会がありました。 この「住育ライフ」にも投稿されている大工の井上さんです。 → ココ 大工さんとして「次世代のため」という心意気を強く感じました。 井上さんは 「仕事をさせて頂き喜んで頂く幸せ」を楽しんでいます。 「住まい手」に喜んで頂くことだけを楽しんでいます。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(抜粋)・・・・・・ そろそろ建て替えをと古民家を […]

鑑定士の視点

そろそろ建て替えをと古民家を解体して流行のハウスメーカーで新築することに成りました。カラフルで、デザイン性もありお得な値段が魅力のマイホーム そんなご夫婦の提案に猛反対のお母様長いこと住みなれた家を解体して建て替えるなんて考えられないのでしょう。それならばと、お母様の近くにハウスメーカーの家を建てられることに… 多少なりとも、古民家への想いはあるはずなのに流行のものに目がいくものかも知れません。お […]

【再築】のススメ

皆さん…【再築】って知ってますか? ネットで調べると「セキスイハイム」さんがやっていて ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スクラップ&ビルド。建てて、壊し、また新たな物を建てる。 従来の日本の住宅における新陳代謝サイクルは、終わりを告げようとしています。私たちはこれまで続いた大量生産・大量消費型の社会システムを脱却し、リ デュース(最終処分量の最少化)・ […]

住宅も・・・コンクリートが危ない

最近よく聞く【再築】という言葉・・・【再築】って何? 家は「新築」か「リフォーム」かと言われます。しかし・・これから増えてくるのが【再築】 住宅には必ず「寿命」が有ります。その平均寿命は日本の場合30年と言われています。その大きな原因は「昭和30年代、40年代の基礎のコンクリート」の問題。 先般の 「中央道 笹子トンネル」の事故その時代のコンクリートの劣化は予想以上に危ない場合が多いのです。今は「 […]

今話題の耐震診断法

伝統住宅の耐震性は・・・・ 在来工法の住宅なら建築士なら耐震診断可能です。 しかし、伝統住宅は そもそも「伝統構法で免震」ですから判らない・・ だったら解体して新しくしよう!が今までの考え方だったと思います。 その常識を変えたのが「毎熊先生」(元早稲田大学教授)の「動的耐震診断」です。 「伝統構法を耐震の変えるのではなく、免震として診断する」 そんな当たり前を多くの人に知って頂きたいと思います 詳 […]

古民家相談

こんばんは!出雲地方では、「神在月」です。出雲大社他いくつかの神社で旧暦10月にあわせての神事が行われています。 神々が集う出雲の各神社では「神迎祭(かみむかえさい)」に始まり、 「神在祭(かみありさい)」そして、全国に神々をお見送りする「神等去出祭(からさでさい)」が行われます。 いよいよ「神在月」の最終「神等去出祭(からさでさい)」が 12月9日に行われます。 そんな出雲で私の知り合いから古民 […]

古民家鑑定の評価はなぜ八角形か?

古民家鑑定書を発行すると評価項目の中で点数がついた八角形のチャートが書かれています。 なぜ八角形なのか?     例えば風水では八角形が縁起がいいとされます。風水とは風(空気)と水、我々が生きて行く為に必要な基本的なエネルギーとされています。ただの迷信だと思う方も多いですが、私は風水学は自然に対する深い洞察と観察から生まれた人が暮らしやすくしていくための環境学と捉えています。 […]

???を!!!に変えるパートナー

今来年建て替えのお客様の打ち合わせをしています。 今日は住宅ローンの相談に銀行さんへ   銀行は土日祝日はお休みですが、最近はローンセンターという平日夜9時まで、土日営業の店舗があるので相談に行くにも楽になりました。 変動金利や固定金利、フラット35の説明や、団体信用保険、保証料、金利などの説明に合わせて契約の時期や必要な手続きなどをお客様に説明してもらいます。銀行の担当者よりはお家の事 […]

インスペクション

インスペクションとは該当する領域の専門家であるインスペクターが商品やサービスを体験して、品質実態を評価することを指します。一般ユーザーが評価する事はユーザーテストと呼ばれますが、インスペクションの最大の特徴は専門家の目で評価することであり、インスペクションの品質は専門家の「見る眼」で決まってきます。 現在日本の住宅の総数は持ち家だけで約960万戸あり、内昭和25年以前の古民家などは140万戸、昭和 […]

1 3